エコレシピの行楽弁当

2015/3/18
このエントリーをはてなブックマークに追加
手軽に、無駄なく
  華やぎ花見弁当

 桜の開花まで、もう少し。今年は、どんなお弁当を持って、お花見に出掛けますか。佐野市内の公民館などでエコ料理の講師を務める安藤裕子さんに、「手軽な食材で、食材を無駄なく生かした」お花見弁当を作っていただきました。目安は3~4人分です。

3月18日付ASPOフロント写真
●作る順番もポイント!
        :他のレシピの材料に使用します
        :切り干し大根の甘酢漬けを使用するところ
手順1
切り干し大根の甘酢漬け(出来上り約350g)
 
作り方

 切り干し大根60gを水で戻し、沸騰した湯で2~3分ゆでて水気を絞る。2cmの長さに切ってビニール袋に入れ、すし酢大さじ5、砂糖大さじ1加えてもみ込み、30~40分置いて味をなじませる(前の晩にやっておくとよい)。



手順2
ソース風味の鶏のから揚げ
ソース風味の鶏のから揚げ お弁当の定番・から揚げの味付けをアレンジ
ビニール袋に入れてもみ込む
 
作り方
  1. 食べやすい大きさに切った鶏もも肉2枚、中濃ソース大さじ4、ケチャップ大さじ2、酒大さじ1、おろしたニンニクとショウガ各1かけ分をビニール袋に入れてもみ込み=写真右、30分以上置いて味をなじませる(前の晩にやっておくとよい)。
  2. 汁気をペーパータオルで軽く押さえた1.をビニール袋に入れ、片栗粉と薄力粉各大さじ3~4を合わせて加え、袋を振ってまぶしつけて、170℃の油で揚げる。好みで青のり粉や紅ショウガを散らす。


手順3
手まりポテトサラダ
手まりポテトサラダ ハムの中には彩りの良いポテトサラダ
茶巾絞りにする
 
作り方
  1. ジャガイモ300gは皮をむき、大きめの一口大に切って塩少々を入れてゆで、柔らかくなったらミックスベジタブル80gも加えてゆでる(絹さや50g、ブロッコリー小2房もゆでて水気を切っておく)
    ■ 絹さやは切り干し大根とツナのサラダ寿司に、ブロッコリーはスタッフドエッグに使用
  2. 1.の鍋の湯を捨て、弱火にかけて水気を飛ばし、ゆすって粉吹きにしたら火から下ろし、フォークで粗くつぶす。軽く塩こしょうをして冷ましたら、マヨネーズ大さじ3を加えて和える。
  3. ラップの上にハムを1枚置き、2.を適量載せて茶巾絞りにする=写真右。絞り口を下にして、上面中央に少しくぼみを付け、ちぎったパセリを飾る(ハム6~8枚分作る)。


手順4
スタッフドエッグ
スタッフドエッグ 黄色と緑が春らしい一品
 
作り方
  1. 卵3個は固ゆでして半分に切り、底になる部分の白身を少し切り取って平らにし、黄身を取り出す。
  1. 1.の黄身(半個分残す)と切り取った白身、手まりポテトサラダでゆでたブロッコリー小2房を粗みじん切りにし、マヨネーズ大さじ1、塩こしょう少々で和えて、白身にこんもりと詰めて、オーブントースターで4~5分焼く。
    ■ 切り干し大根とツナのサラダ寿司に使用


手順5
切り干し大根とツナのサラダ寿司
切り干し大根とツナのサラダ寿司 切り干し大根の甘酢漬けを生かしたサラダ寿司
 
作り方
  1. すし桶や大きめのボウルで合わせて冷ました酢飯(固めに炊いたご飯2合にすし酢大さじ3を加え、さっくり混ぜる)に、
すし桶や大きめのボウルで合わせて冷ました酢飯(固めに炊いたご飯2合にすし酢大さじ3を加え、さっくり混ぜる)に、軽く汁気を切った切り干し大根の甘酢漬け180g、5mm角に切ったプロセスチーズ2~3個、缶汁を切ったツナ缶小1個(缶汁はとっておく)、手まりポテトサラダでゆでた絹さやを千切りにし(飾り用に少し残す)、白いりごま大さじ2を加え、混ぜる。
■ 切り干し大根とトマトのサラダに使用
  1. 器に盛り、絹さや、千切りした甘酢ショウガ適量を飾り、スタッフドエッグで残した卵の黄身をすりおろして散らす。


手順6
切り干し大根とトマトのサラダ
切り干し大根とトマトのサラダ 切り干し大根の甘酢漬けでもう一品
 
作り方
  1. ボウルに1~2㌢の長さに切った切り干し大根の甘酢漬け100㌘、2~4つに切ったミニトマト4個、みじん切りパセリ適量を入れ、寿司の残りのツナ缶汁小さじ2、オリーブ油小さじ1、塩少々と多めの粗びきこしょうを加えて和える。
エコ料理講師の
安藤裕子さん
エコ料理講師の安藤裕子さん
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る