ダウンサイジング2015 第2回「筋肉を作るための肉レシピ」

2015/2/25
このエントリーをはてなブックマークに追加
ダウンサイジング2015   太りにくい体を目指すために。ダウンサイジング第2回は、脂肪を効率よくエネルギーに変える「筋肉」に注目し、食事による視点から、「筋肉を作るための肉レシピ」をテーマに効果的な情報を紹介します。
筋肉には「代謝」なのだ
組み合わせてハイブリッド肉食系
齋藤正樹さん須田康愛さん齋藤正樹さん  須田康愛さん
おいしく効果的

 筋肉は、脂肪を効率よくエネルギーに変えます。その筋肉量が落ちれば、脂肪の燃焼量が減ります。それでは、どうすれば筋肉を作ることができるのでしょうか? そこで、筋肉を作るための「肉レシピ」について、摂取するポイントを宇都宮市のI・F・C栄養専門学校主任・管理栄養士の齋藤正樹さんに、レシピを管理栄養士の須田康愛さんに教えていただきました。


 
筋肉増強レシピ(2人分)
中華風旨煮
鶏肉 × 野菜
中華風旨煮
★ ★ ★

 鶏手羽元はタンパク質とコラーゲンがたっぷり含まれ、ビタミンやミネラルたっぷりの野菜をたくさん食べられます。

★ ★ ★
 
作り方
  1. ニンジン40g、シイタケ2枚、ゴボウ40g、タケノコ水煮20gは一口大に切る。ニンニクの芽20gは3cm長さに切る。
  2. ホウレンソウ40gはゆでて水気を切り、3cm長さに切る。
  3. 鍋に水3カップを入れて火にかけ、沸騰したら中華だし小さじ4と塩少々を加える。鶏手羽元2本と1.を入れて軟らかくなるまで煮る。
  4. 器に3.を盛り、ホウレンソウを飾る。


牛肉と桜えびの炒め物
牛肉 × 桜えび
牛肉と桜えびの炒め物
★ ★ ★
 ミネラルたっぷりの桜えび(カルシウムが特に多い)は、積極的に摂りたい食品。タンパク質、ミネラル、ビタミンがバランスよく摂れます。
★ ★ ★
 
作り方
  1. 牛肉ロース薄切り肉200gを食べやすい大きさに切り、キヌサヤ14枚は半分に切る。
  2. フライパンにサラダ油適量を熱し、牛肉を炒める。
  1. キヌサヤと桜えび10gを加えてさっと炒め、塩と粗びきこしょうで味を調える。


ポークナッツ丼
豚肉 × ナッツ
ポークナッツ丼
★ ★ ★

 タンパク質、ビタミン、鉄分がバランスよく摂れる! マグネシウム、ビタミンE(運動することで壊れる細胞膜を修復。老化予防)が豊富なナッツをたっぷりと。枝豆はビタミンB1(スタミナ不足の解消に効果あり)、鉄分を多く含みます。

★ ★ ★
 
作り方
  1. 豚もも薄切り肉200gは一口大に切る。
  1. 枝豆10粒はさっとゆでる。
  2. ライパンにサラダ油適量を熱し、1.を炒める。アーモンドミックス60gを加えてさっと炒め、焼き肉のたれ少々で味を調える。
  3. 3.に枝豆を加えてさっと炒め、器に盛ったごはんにかける。


次回は「体幹の整え方」を予定しています。
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る