ひと味違うチョコレシピ

2015/2/11
このエントリーをはてなブックマークに追加
2月11日付フロント画像今年はカタチを変えて
料理でバレンタイン

 思いを届けるバレンタイン。今年はチョコレートを使った料理で、その思いを伝えてみませんか。とろけるおいしさにサプライズ感もたっぷりの「チョコ料理レシピ」を県内の料理人3人に教えていただきました。

■■■
和・洋・中に変身!チョコレシピ
■■■


ふろふき大根
チョコレートシロップで
ふろふき大根 ほのかなチョコレートの風味がぴったり

 チョコレートシロップを使った「ふろふき大根」とカカオマスで作る「厚焼き卵」。そんな「和」のレシピを高根沢町光陽台の「和食レストラン 麻希」のオーナーシェフ加藤啓二さんに教えていただきました。

 
作り方(4~5個)
  1. 下煮する。青首大根(真ん中あたり)を2~3cm厚さに輪切りし、面取りする。米のとぎ汁で竹串がスーッと通るぐらいまで煮る。
  2. 水にさらして1個1個丁寧に米のとぎ汁を水で流し、ざるに置いて水気を切る。
  1. 2.をだし汁(かつおだし︰みりん︰薄口しょうゆ=15︰1︰1)で煮る。弱火でじっくりと30分ぐらい。その後、一度冷ますことで味がしみる。
  2. 京風白みそ大さじ1を大根を煮たつゆ大さじ1/2で溶いて、チョコレートシロップ大さじ1を入れてよく混ぜる。
  3. 食べる前に3.を温めて器に盛る。4.をかけて、けしの実を散らす。


厚焼き卵
カカオマスで
厚焼き卵 ワインに合いそうなハーモニー
 
作り方(2人分)
  1. だし180㏄に白砂糖30gを混ぜてよく溶かす。
  2. 全卵5個と合わせて、卵焼き器で焼いていく。
アイデアの和レシピを提案してくれた加藤啓二さん アイデアの和レシピを提案してくれた加藤啓二さん
  1. 1回巻いて芯を作ったら、カカオマス16gを卵焼き器の幅に合わせて横一列にのせて卵で巻く。
  2. 同様に、2cm幅の薄切りにしたチーズ(レーズン入り)40gを横一列にのせて巻く。
  3. カカオマスが溶けてしまうので、すぐに巻きすで巻いて冷ます。

(問)和食レストラン 麻希
電話番号 028・675・5181
http://www.restaurant-maki.jp/



パンチェッタと唐辛子のスパゲッティ
チョコレート風味
無糖チョコで
 
パンチェッタと唐辛子のスパゲッティチョコレート風味 素材の持ち味を絶妙に生かした豊かな味わい

 宇都宮市のトラットリア エッセのオーナーシェフ相馬薫さん(45)に、昨年参加したパスタメーカー主宰のイベント「世界パスタデー2014」のテーマ「誰かに話したくなるパスタ」に合わせて考案したレシピを教えていただきました。

 
作り方(2人分)
  1. フライパンにオリーブオイルと唐辛子(好みで種を除く)を入れ、弱火で炒める。唐辛子が黒っぽくなったら取り出す。
  2. パンチェッタまたはベーコンの拍子切り40gを入れ、こんがりと色付くまで弱火でじっくり炒める。
  3. 白ワイン適量を入れ、強火にしてアルコールを飛ばす。ブイヨンスープ360㏄も入れて中火で温め、沸騰したらいったん火を止める。
  4. 刻んだ無糖チョコレート40~45gを入れ、溶けるまで弱火~中火で温める。塩(少し多めに)、黒こしょうを入れて味を調える。
  5. 「料理は無限の可能性がある」と話す相馬薫シェフ 「料理は無限の可能性がある」と話す相馬薫シェフ
  6. スパゲッティ(1.4~1.7mm)160gを表示通りの時間でゆでる。水気を切り、4.に入れる。混ぜながら中火にかけ、ソースに濃度がついてきたら火を止める。
  7. 粉チーズとエキストラバージンオリーブオイルをいずれも適量加え、満遍なく混ぜ合わせる。
  8. 皿に盛り、黒こしょうと粉チーズを上からふり、パセリを散らす。

(問)トラットリア エッセ
電話番号 028・678・5526

http://www.t-esse.jp/



とり肉とピーナツの
チョコレート味噌炒め
板チョコで
 
とり肉とピーナツのチョコレートみそ炒め チョコレートとみそがマッチし、こくのある風味に

 中華ともコラボレーション! 中華料理の炒め物として親しまれる食材と板チョコ、みそを使った「とり肉とピーナツのチョコレートみそ炒め」を真岡市東郷にある「真岡の中華屋 文珍楼」の店主白川文夫さん(60)に教えていただきました。

 
作り方(3~4人分)
  1. 鶏もも肉250gに下味をつける。サイコロ状に切って、酒、塩、こしょう各少々、溶き卵1/3量を入れてかき混ぜ、かたくり粉少々をまぶしつける。
  1. フライパンに多めの油を入れて加熱し、130~150℃になったら1.をほぐすように入れる。サッとかき混ぜて周りの衣が固まってきたら、1.5cmの長さに少し斜め切りした長ネギ1本、鶏肉と同じくらいの大きさに切ったピーマン2個、シイタケ3個を入れる。ひとかき混ぜしたらざるにあげ、油を切る。
  2. 「作るならうまくなくっちゃ」と白川文夫さん 「作るならうまくなくっちゃ」と白川文夫さん
  3. フライパンの油をあけ、余熱を利用して温かいうちにニンニクペースト小さじ2、ショウガペースト小さじ1、トウバンジャン小さじ1、みそ25g、しょうゆ小さじ2、酒大さじ1、板チョコ(ミルクチョコレート)50gを細かく割り入れ、よくかき混ぜて溶かす。
    ※溶けない時は、弱火で。
  4. 完全に溶けたら、弱火にして2.とバターピーナツ50g、黒こしょうを入れてよくかき混ぜる。
  5. つやだしに3.であけた油大さじ1を入れて、軽く1回かき混ぜる。

(問)文珍楼
電話番号0285・84・7555。

http://www.moka-kankou.org/eat/eat_cyu02.html

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る