羊毛で小物づくり!

2015/1/21
このエントリーをはてなブックマークに追加

羊毛フェルトのネックレス
羊毛フェルトのネックレス
ボールの大きさやビーズの素材をかえるなどのアレンジも楽しめる
えとの素材で
小物作り

 2015年はひつじ年。ふわふわな羊毛を使って小物作りにチャレンジしてみませんか。手作り雑貨の販売や体験講座などを行う鹿沼のAroma millefiore(アロマ ミルフィオーレ)主宰の三浦憲子さん(44)に「フェルトボールのネックレス」の作り方を教えていただきました。

◇ ◇ ◇

羊毛フェルトとは?
 羊毛の繊維にあるキューティクルが絡み合うと、離れなくなり「フェルト化」します。

 その特性を生かした羊毛フェルトには、お湯と洗剤を使う「水フェルト」と、針先に細かい突起がついた専用針(フェルティングニードル)を使う「ニードルフェルト」があり、今回教えていただいたのは後者。羊毛をニ—ドル(針)で突いて、動物や小物雑貨など、好みに合わせて造形が楽しめます。

 かわいらしいキャラクターからペットの写真を模すなどの超リアル系まで作品はさまざま。「失敗しにくく、組み合わせて色も作ることができ、リサイクルも可能で、自由自在に作れる」(三浦さん)ことから、その完成度も高まっています。


羊毛ネックレスの作り方
材料
 
メ モ
  • ニードルは先端が大変鋭い専用針なので、くれぐれも手などを刺さないように、十分気を付けて作業する。
  • 衛生上、ニードルの使い回しはしない。
 
材 料
  • 羊毛フェルト7g(フェルトボール1個に対して1g×7個分。例:黄色1g、ピンク2g、紫2g、黄緑2g)
  • ウッドビーズ10個
  • マクラメビーズ(7mm)1個
  • 中細程度のひも(ビーズの穴に通る太さのコットンや麻ひも、毛糸など)1m10cm×3本
  • フェルティングニードル(フェルト専用の針)1本
  • 毛糸針
  • はさみ

羊毛を取り分ける
  1. 羊毛を取り分ける。
    スライバータイプ(繊維の方向が揃えてあるフェルト)の羊毛の取り分け方…分ける位置を中心に、左右10cmほど離して軽く握り、ゆっくりと引っ張るようにして分ける。

球形にまとめる
  1. 羊毛の毛先から、芯を作るようにくるくると巻きつけて、球形にまとめる。

ニードルで満遍なく刺す
  1. ニードルで2.を満遍なく刺してフェルト化させる。ゴムボールくらいのかたさになるまでが目安。2.3.の手順で7個分作る。

毛糸針で糸を通していく
  1. 作ったボールとビーズの配置を決め、毛糸針で糸を通していく。
  2. 4.を中心に寄せる。

手順7.
  1. 4.で通した糸=写真aに、別糸を中心が結び目になるように結びつける=写真b。

端のビーズにぱったりと接したところで締める
三つ編みを作る
  1. 端のビーズにぴったりと接したところで締めて、結び目が隠れるようにビーズの穴の中に詰める=写真左。三つ編みを作る=写真右。
  2. もう一方も同様に。

かた結びを作る
  1. 両方の糸を合わせ、最も短い糸の所で、切り揃える。マクラビーズの穴に通して、かた結びを作る。

三浦憲子さん 三浦憲子さん

(問)Aroma millefiore(アロマ ミルフィオーレ)
電話番号 0289・64・2010
営業時間 午前11時~午後6時半
定休日 水曜
駐車場あり

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る