3種類の肉料理レシピ

2014/12/17
このエントリーをはてなブックマークに追加
クリスマスツリーX'masディナーの一品に
豪華にMeat

 1年に1度訪れる聖なる夜。家族やお友達とプチ豪華な料理を囲んでクリスマスパーティーはいかがですか? 今回は、牛・豚・鶏肉を使った「とっておきディナー」。県内のオーナーシェフ3人に、家庭で作れるぜいたくなお肉レシピを教えてもらいました。



骨付き豚肉のスペアリブ
炊飯器で熱加え、じっくり味付け
骨付き豚肉のスペアリブ 低温で仕上げる「スペアリブ」はホロっとした柔らかさに

 県北からは那須塩原市にある「ウノヤキッチン」オーナーの宇野秀和さんに炊飯器を使いながら3日かけて作る、簡単で豪華なアレンジレシピを教えていただきました。

 
作り方(2人分)
写真A表面を焼いてうま味を閉じ込める(写真A)
●1日目

 玉ねぎ40g、ニンニク・ショウガ各1かけ(約6g)を小さく切り、赤ワイン・水各50㏄、濃口しょうゆ・みりん各25㏄、蜂蜜15gとミキサーにかけ、ソースを作る。骨付き豚肉500gに塩・こしょうをふり、表面を焼いてうま味を閉じ込める=写真A

 炊飯器にソースと焼いた豚肉を入れ「保温」ボタンを押す(※炊飯ボタンではない)。目安は7~8時間。

●2日目

 炊飯器を開け、竹串がスーッと通るか確認。豚肉を炊飯器から取り、ソースごと耐熱用の容器などに移し、粗熱を取る。冷蔵庫で一晩寝かせる。

宇野秀和さん オーナーの
宇野秀和さん
●3日目

 表面に固まった油を取り除く。豚肉は別の容器などに取り出す。ソース全てを鍋に移し、半分になる程度まで煮詰める。食べる直前に豚肉をレンジで軽く温めてから鍋に入れ、ソースと絡める。好きな野菜と合わせて盛り付け、完成。

(問)ウノヤキッチン
電話番号 0287・53・7188



牛ヒレ肉のポワレバルサミコソース
肉厚な存在感・・・
ソースとの調和
牛ヒレ肉のポワレ バルサミコソース牛ヒレのジューシーなおいしさを味わって

 感激のおいしさと存在感の「牛肉」。手ごろでクリスマスらしい「牛ヒレ肉のポワレバルサミコソース」のレシピを宇都宮市宮園町の「BISTRO SOLEIL(ビストロ ソレイユ)」のオーナーシェフ大島友志さん(37)に教えていただきました。


 
作り方(2人分)
  1. たこ糸で巻いた牛ヒレ肉(ブロック) 写真B
    牛ヒレ肉(ブロック)160gを焼く1時間ほど前に常温に戻し、たこ糸で巻く=写真B
  2. 1.の表と裏に塩適量を振り、フライパンにたっぷりのサラダ油を入れて両面をこんがり焼く。
  3. 200℃のオーブンレンジで3分。裏返して3分焼く。
  4. 写真C 写真C
    2.の油を捨て、バター適量を入れアロゼ(バターで香りをつけながらゆっくり火を入れる=写真C)。裏返して同様に。
  5. アルミホイルに包んで火の近くなど暖かい場所に10~15分置く。
  6. 大島さん オーナーシェフの
    大島友志さん
    その間にソースを作る。フライパンにバルサミコ酢30gとしょうゆ適量を入れ、1/3量になるまで弱火で煮詰める。バター10gを入れ、火から離して動かしながらモンテ(乳化させてつやを出す)。
  7. 肉を半分に切り、断面に塩とお好みでこしょうを振る。ゆで野菜とともに、器に格好よく、センスよく盛りつける。

(問)BISTRO SOLEIL
電話番号 028・666・7004



塩釜チキン
塩釜を割る・・・、わくわく感も!
塩釜チキン 子どもと一緒にわいわい作るのもお薦め「塩釜チキン」

 丸鶏を使ってクリスマスのごちそうを子どもと一緒に楽しみながら作ってみませんか。佐野市多田町にある「創作洋料理屋 味彩」のオーナー高橋淳子さんに「塩釜チキン」の作り方を教えていただきました。

 
作り方(5人分)
  1. 塩2kgに卵白4個分を入れ、泡立て器で良く混ぜる。
  2. 鉄板にアルミホイルを敷き、鶏肉のサイズに合わせて1.の塩を1cm厚みで敷く。その上に大き目の葉物野菜(キャベツや白菜など。今回はかき菜を使用)を1、2枚敷く。
  1. 2.の上に丸鶏(中抜き)2kgをのせ、こしょうを軽くふり鶏の背にローズマリーを置く。
  2. 葉物野菜で丸鶏を包む 写真D
    葉物野菜で丸鶏を包んだら=写真D1.の残りの塩で全体を塗り固める。塩を薄く塗ると肉の皮がこげやすくなるため厚めに塗る。
  3. オーブンに入れ220℃で1時間半焼く。途中で真っ黒になったら、200℃に下げて焼く。
  4. 塩釜をハンマーで割り、皿に盛って完成。

高橋淳子さん オーナーの
高橋淳子さん
 
ポイント

 塩の分量は丸鶏の大きさによって調整してください。塩と卵白を混ぜ合わせる時に水っぽいと固まらないので注意。ぎゅっと握って固まるくらいを目安に。塩釜を割る時は、屋外か流し台、下に新聞紙などを敷いて割ってください。

(問)創作洋料理屋 味彩
電話番号 0283・62・2602
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る