シュトーレンを作ってみよう!

2014/12/10
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ちょっと早いクリスマスプレゼントにおすすめのシュトーレンのレシピを、日光市の「ハンドメイドパンケーキングスクール ルヴァン研究会」主宰・荒川由紀子さんに教えてもらいました。

シュトーレン 日が経つほどにおいしくなるといわれるシュトーレン
シュトーレンとは?

 クリスマスを待ちながら少しずつ食べるドイツを代表するクリスマスのお菓子。キリストが誕生したときのゆりかごのような形で、雪のような粉糖に覆われています。

材料(3個分)
  1. 強力粉300g、砂糖45g、塩3g、アーモンドプ ードル9g、カラメル6g、スパイス(シナモン、カルダモン、ナツメグ、メース、ジンジャー)各1g、インスタントドライイースト4g
  2. 牛乳150g、卵黄30g
  3. ラード15g、バター90 g(室温に戻す)
  4. ミックスフルーツ150g、アーモンドスライス45g

★溶かしバター、グラニュー糖、粉糖(各適量)



作り方
 
生地
  1. 大きめのボウル(約27cm)にaを入れて混ぜ、を加え混ぜて、10~15分練りながらたたく。
  2. 1.を入れて10分練り、を加えて練ったら1つに丸めて上を平らにし、ひと回り小さいボウルに移す。
  3. 大きい方のボウルに30℃のお湯800㏄を入れ、2.のボウルを浸からせ、全体にラップをかけ、30~40分置き、発酵。
  4. 生地を取り出し、全体を押してガスを抜く。3等分にして丸めてラップの上に置き、濡れ布巾をかけ10分置く。


 
形成
形成の仕方a
1.クッキングペーパーに3等分にした生地のうち1つを載せ(他の生地も同様に以下の作業を)、麺棒で縦30cm、幅18cmにのばす。
形成の仕方b
2.生地をクッキングペーパーごと上6cm、下4cm折り、ペーパーは戻す。
形成の仕方c
3生地の真ん中を目安に半分に折る。その時、下の生地が少し出るように重ね、折った側から真ん中あたりにかけ軽く押さえる。


 
仕上げ発酵
  1. クッキングペーパーを敷いたオーブン皿に成形した生地を載せる。
  2. 発酵85~90℃のお湯を入れた湯のみと一緒にオーブン皿ごとビニール袋に入れたら口をゴムで縛り、そのまま20分ほど置く。


 
焼成&仕上げ
  1. 発酵した生地仕上げ発酵した生地(写真)に★の溶かしバターを適量塗り、180℃のオーブンで25分焼く。
  2. 焼き上がったら、熱いうちに再度溶かしバターを塗り、グラニュー糖をまぶし、最後に粉糖を振りかけ出来上がり。


* ポイント *
荒川由紀子さん
荒川由紀子さん

焼きあげて3、4日後から味がしっかりしてきます。保存はアルミイルに包み乾燥した冷暗所で。バターが酸化を防ぐので1週間ほど持ちます。

ラッピングピングする場合、透明のフィルムに包みリボンを掛けるのがおすすめ。

協力:ハンドメイドパンケーキングスクール ルヴァン研究会
電話番号 0288・21・1736
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る