遊々街めぐり第11回 須賀神社、同社表参道

2014/10/29
このエントリーをはてなブックマークに追加
遊々街めぐり

 小山市中心部の国道4号沿いに立派な檜(ひのき)の大鳥居が立つ須賀神社。地元はもとより、県内外からも参拝者が多く訪れます。境内や表参道の美しい景観、歴史や文化を感じる名所としても知られます。

◇ ◇ ◇

「遊々街めぐり」第11回は、須賀神社と同社表参道に注目しました。ゆっくり表参道を歩き、木々に囲まれた境内を散策。感謝の気持ちを込めて参拝した後は、すがすがしい気分になりました。

 創建から1074年、由緒ある須賀神社について、同社の沼部春友宮司(76)に伺いました。

沼部春友宮司須賀神社について伺った沼部春友宮司

 当社は素盞嗚命(スサノオノミコト)、大己貴命(オオナムチノミコト)、誉田別命(ホンダワケノミコト)の三神をおまつりしています。天慶の乱を平定した藤原秀郷公が、京都の祇園社(八坂神社)から御分霊を遷(うつ)し、天慶3年(940年)に創建されました。当初は、現在の中久喜の地に建立されましたが、小山城の築城に際し、平治年間(1159~1160年)に、城に近い現在の地に遷されました。以来、小山の六十六郷(市内、野木町、下野市下石橋、結城市小田林を含む地域)の総鎮守と仰がれています。

 7月に行われる例大祭「祇園祭」は、江戸時代の『下野國誌』に「当国第一の祇園会(ぎおんえ)なり」と記された歴史と伝統ある祭礼です。大神輿その他多数の神輿による連合渡御は、大変盛り上がりを見せます。

 境内には、小山の伝説「七ツ石(夜泣き石)」、樹齢800年を超える御神木の樅(もみ)など、歴史を感じる見どころがあり、当神社会館には、社宝「朱神輿(あかみこし)」が奉安されています。一般公開していますので、ご参拝の際に、ぜひご覧ください。


須賀神社
小山六十六郷の総鎮守
表参道 —「おやま百景」の美しさ—
表参道 イチョウが黄葉したころの表参道
(須賀神社提供)
 県道粟宮喜沢線から国道4号に続く250mの表参道には、イチョウやケヤキの木々と朱塗りの灯籠100基が立ち並び、途中には大きな一の鳥居があります。その景観は「おやま百景」にも選ばれています。秋が深まると、黄金色のイチョウが参拝者や市民の目を楽しませます。

社宝・朱神輿(あかみこし) —徳川家の祈願が成就—
社宝・朱神輿 4年4ヶ月の歳月をかけて修復された絢爛(けんらん)豪華な朱神輿 (須賀神社提供)
 徳川家康公が須賀神社で関ヶ原の戦勝祈願をして成就したことから、のち家光公の時代に寄進されました。日光東照宮を造営した職人によって奉製され、東照宮本殿の縮尺で作られています。長年、祇園祭で多くの人に親しまれたのち、東照宮修復にも携わった職人によって1989(平成元)年、「万治元年の奉製当時の姿」に忠実に修復されました。


きみじま洋菓子店
地元の味が人気
きみじま洋菓子店 定番人気のフルーツロールケーキ(右)とふんわり食感のマロンズコットチーズ(左)

 地元で長く愛される老舗の洋菓子店。素材を生かしたケーキや焼き菓子が並びます。彩りも美しいフルーツロールケーキ(1080円)はファンの多い一品。新商品のマロンズコットチーズ(1100円)もお薦めです。小山きものの日おもてなしの店です。


【きみじま洋菓子店】
小山市宮本町2の3の29
(表参道の一の鳥居、神社向かって右へ)
電話番号   0285・22・1754
営業時間 午前11時半~午後10時
定休日 水曜
駐車場 2台


茶みせ 茶るん
日本茶をゆっくり堪能
茶みせ 茶るん おいしいお茶を飲みながら、ゆっくり過ごせるお店

 表参道の入り口にある日本茶カフェ。日本茶インストラクターの店主が、厳選した茶葉を使い、丁寧に急須で入れたお茶が味わえます。煎茶セット(取り寄せ和菓子付)500円から。おいしいお茶の入れ方も教えてくれます。 「小山きものの日」おもてなしの店です。

【茶みせ 茶るん】
小山市宮本町2の4の13
電話番号   0285・25・0151
営業時間 正午~午後7時(LO午後6時半)
定休日 月曜、金曜
駐車場 あり
http://chamise.web.fc2.com/


 
小山きものの日

 小山市は、本場結城紬がユネスコ無形文化遺産に登録された11月16日を「小山きものの日」に制定。同日、須賀神社近くの市文化センターで催しが行われます。11月8~16日は、市内50店舗のおもてなしの店に着物で来店すると、各種サービスが受けられます。詳細は市ホームページ。

(問)市工業振興課 電話番号0285・22・9397
https://www.city.oyama.tochigi.jp/index.html

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る