ちゃちゃっとレシピ

2014/4/24
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 「健康は食から」といいますが、忙しい主婦にとって毎日作る料理は時間との勝負。消費税増税の今、冷蔵庫にあるものでさっと作れたら最高ですね。そこで、「おうちごはん とりあえず」の料理人で創作料理研究家の杏子(あんず)さんに、5分程度ででき、しかも経済的な「ちゃちゃっとレシピ」を教えてもらいました。


●全体的なポイント
どのレシピも、材料や分量などを「守ろう」と神経質になりすぎないで。レシピのポイントさえ守れば、素材の量は臨機応変に対応できます
(例えばイカ2はいを1はいにするなど)

【イカのツーンとさっとあえ】(4人分)
所要時間5分
①鍋に湯を沸かし沸騰したら、わたと軟骨を取ったイカ2はいを入れる。
②ゆでている間に、キュウリ1本を千切りにし、好みの辛さでワサビしょう油を作る。
③①がクルリと丸くなったら=写真=取り出し、1口大にカットする。
④ボウルに②と③をあえてできあがり。
●ポイント
ゆですぎないこと。イカは冷凍イカでも、カットしたイカでも、あるもので可。食べる直前であえるとワサビの風味が楽しめます。
●アレンジ
イカをゆでた湯は、野菜を入れてスープにも。



【薄切り肉とみつ葉のさっと煮】(4人分)
所要時間6分
①白だし大さじ2分の1と50㏄の水を合わせておく。
②豚の薄切り肉300㌘は、バラバラにはがす。
③鍋に湯を沸かし、沸騰後、肉を広げて1枚ずつ入れ、白くなったら順に取り出してフライパンへ。
④三つ葉1束を輪ゴムでとめ、③の鍋でしんなりするまでゆで(約2分)、冷水に取り、絞る。
⑤④を3㌢くらいの幅で切り、③のフライパンの中に入れる。①を入れひと煮立ちさせる。
●ポイント
豚肉は薄切りでも切り落としでも、あるもので可。
ゆで過ぎず、煮過ぎず短時間で仕上げることで、肉がジューシーに。



【豆・マメ・サラダ1号】(4人分)
所要時間3分
①大豆の水煮1袋とコーン1缶は水をしっかり切り、ボウルに移す。
②①にラッキョウ酢50㏄を入れてあえる。
③軽く塩コショウで味を調え、あれば乾燥パセリをちらす。
●ポイント
豆はヒヨ豆、枝豆など煮てある豆なら可。
カットしたちくわを加えてもおいしい。
ラッキョウ酢は少なめにしておくと食べやすい。




【番外編(下準備はちゃちゃと。漬け込み1晩】
【オリジナルピクルス】
①キュウリ、パプリカ、大根、玉ネギ、ショウガなど余っている野菜を大きめ三角にカット。
②キュウリ以外はすべて塩をひとつまみ入れた沸騰湯でゆで、1、2分したらザルにあける。
③②が熱いうちに容器に入れ、ラッキョウ酢150㏄、水100㏄を入れ、1晩冷蔵庫で漬ける。
④キュウリは塩もみし、容器が冷えたころに一緒に入れ、漬ける。
●ポイント
ラッキョウ酢と水の割合は1.5対1。この割合さえ守れば、好きな野菜を好きな量で作れます。
ゆでることで消化アップ。
顆粒のカツオだしをひとつまみ入れるとこくがます。
お急ぎの場合は、漬け込み時間1時間からOK。





「おうちごはん とりあえず」
日光市今市799
電話 0288・25・3795
定休日 火曜

「簡単、短時間、ほんの少しカロリーを減らす・ちゃちゃっとレシピ料理教室」 毎月第1土曜日開催。5月3日はフレッシュトマトのバジルソースなど4品。おみやげ・ドリンク付き。1500円。3人から臨時日程の相談も可。


インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る