暮らし彩る春色咲いた

2014/4/16
このエントリーをはてなブックマークに追加

優しい桜色、黄色い菜の花のじゅうたん、まぶしい新芽の緑—春本番を迎えて「春色」がいっぱいに広がります。そこで、暮らしの中でも楽しめる身近な春色をご紹介します。


★春色 ビーズアクセサリー

   
   
小山市中央町の「ビーズショップバンブー」で、春のビーズアクセサリーの楽しみ方を教えていただきました。
春の定番人気色はピンク。今年は白が流行色なので、白と相性の良いターコイズブルーもお薦めです。花やクローバーのデザインなら、春らしさアップ。パーツの少ないチョーカーや工具を使わないリングは、初心者でも作りやすいでしょう。
シンプルな装いにピンクの花のチョーカーやリング、白いシャツにターコイズブルーのネックレスとピアスを合わせれば、おしゃれのアクセントになってすてきだと思います。また、昨年から人気のビジュー風のネックレスも華やかで、春のおしゃれにピッタリです。
同店では、キットや完成品の販売のほか、材料購入の場合はレシピ提供、作り方のアドバイスも行っています。
協力/「ビーズショップバンブー」電話 0285・22・7747。


★春アロマ
鼻のムズムズや頭痛などを解消し、気分をスッキリさせる春にお薦めのアロマ。その代表的なオイルにはクールな香りのユーカリやサイプレス、グレープフルーツがあります。今回は薬剤師の村井加代子さんから、この時期の不調を和らげるアロマの簡単な活用法を聞きました。
①ハンドクリーム(無香料)にオイルを1滴垂らし、クリームと混ぜ、手にすり込み、両手で口を包み優しく深呼吸。
②マスクの外側、あご側の角に一滴(片方のみ)、ハンカチやティシュに数滴垂らして香りを携帯し、気分をリフレッシュする。
柑橘系のアロマは光と反応して肌にトラブル(光毒性)を起こす場合があるので、外出時にはオイルを直接肌に付けないように注意が必要です。
(問)クオール薬局西那須野店・村井さん電話 0287・39・3331。








★桜マカロン(22個分)

お花見を満喫したら、今度は春らしいお菓子づくりで春気分を味わいませんか。足利市の菓子工房Citoron−Praline(シトロンプラリーネ)で桜マカロンのレシピを聞きました。


①卵白80㌘をほぐしグラニュー糖60㌘を2回に分けて入れて混ぜ、角が立つまでしっかりとしたメレンゲを作る。
②アーモンドプードル80㌘と粉糖120㌘を合わせ2回振るっておく。
③①に3回に分けて②を入れさっくり混ぜたら、桜リキュール少量を入れさらに混ぜる。全体が混ざったら、ゴムベラをこするようにして混ぜる。つやが出て生地がリボン状に落ちるようになったら終了。
④天板に③を丸口で直径4㌢程度に丸く絞り出す。表面が乾いたら桜の塩漬け11個分(水に30分つけて塩抜きし半分に切りペーパーで水をふきとって乾かしておく)をのせ、1時間乾燥させる。170℃に余熱したオーブンに入れ、160℃で3分、150℃で10分焼く。
⑥桜のバタークリームを挟んだら出来上がり。
★桜のバタークリーム
①卵白17㌘にグラニュー糖17㌘を入れて混ぜ、メレンゲを作る。
②水11㌘にグラニュー糖8㌘を入れ火にかけ108℃になったら①に入れつやが出るまで混ぜる。
③さいの目切りしたバター50㌘(室温に戻したもの)を加えて混ぜ、桜リキュール少量とみじん切りにした桜葉1枚を加えて混ぜる。
菓子工房Citoron−Praline
電話 0284・42・5613。


インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る