春咲いた! 花の直売所へ出かけよう

2014/3/19
このエントリーをはてなブックマークに追加
 咲いた!
 花の直売所 ハウスから春をお届け
 
 彩り豊かな花々が美しい季節です。栃木県は、花の栽培も盛ん。生産者が時間と愛情を込めて元気に育てた花が、すぐ身近にあります。いつもは大切な人に贈るための花。自宅で楽しむためのお気に入りの花を見つけてみませんか。

【マロニエ洋らんパーク】
カトレアの栽培からスタートし、約20年前からコチョウランの栽培に取り組んでいます。現在は、コチョウラン約60種類3万鉢とカトレア約147種類7万4000鉢を栽培。「ほかにないもの、その人らしい花を作ってあげたい」と、色や大きさなどの品種改良を続けています。

「日本人の原点である桜の色に近い薄いピンク。ほっとするでしょう。人が生まれてから、きっと最初に感動する花が桜だと思う」と、サクラを思わせるピンク色のコチョウランを見せてくれた飯野俊之社長。「ギフトでなく、自宅の食卓に小さいコチョウランを置いてほしい」と話します。

飯野社長がお薦めするかわいいサイズのコチョウランは840円から。育て方のポイントを聞くと、「かまい過ぎないこと」と教えてくれました。

マロニエ洋らんパーク
宇都宮市上横田町6の1
電話 028・653・9022
営業時間 午前9時~午後6時
無休
駐車場 50台
http://www.az-orchid.com/
ハウス内で優美に咲き誇るコチョウラン

「茂呂園芸」
冬季のシクラメンを中心に、年間を通して、さまざまな種類の鉢花を生産、直売しています。店舗を兼ねた3棟のビニールハウスは、約600坪の広さ。花の状態に合わせて温度や湿度を調整し、数千鉢の花を、ひとつひとつ丁寧に育て、管理しています。

現在は、赤、紫、青、ピンク系の約10種類のサイネリアが最盛期(3月いっぱい)。4~5月は、サフィニア、ゼラニウム、ペラルゴニウム、ペチュニアなどが並びます。

約9割は市場に出荷。来店があれば一般にも販売します。「品質の良い花が安く買える、と喜んでもらえるとうれしいです。花の説明もできるので、気軽にお尋ねください」と茂呂昌宏代表。
季節ごとに商品は変わり、鉢数に変動があります。宅配や贈答用の対応は冬季のみ。

茂呂園芸
小山市下国府塚(国道50号沿い。道の駅思川の東斜め向かい)。
電話 0285・38・3339。
営業時間 午前8時~午後5時。
無休。
駐車場 約10台


【イッセイ花園】
かわいらしい小さな花がたくさん咲く「ペラルゴニウム」。なかでもこの時季に楽しめる「エンジェルアイズ ビオラ」は、華やかなピンクの花をつけ、春の息吹を感じさせてくれます。

2月上旬から「母の日」まで同花を生産し、庭先販売を行っているイッセイ花園では、購入後からおおむね3週間ほど花が楽しめる鉢花(5号鉢で1000円程度)を作っています。

花園のオーナーで生産者の吉原一成さんは「日光を好むので、日中はベランダやテラスなどに置いておくことがポイントです。鉢からあふれるように花が咲いているのを楽しんだら、早めに花をピンチ(切り戻し)することで、6月ごろにも花を咲かせます」と話します。

ほかにも、紫色に近いペラルゴニウム「キャンディフラワー」など好みに合わせて選ぶことができます。


イッセイ花園
日光市針貝63の2
電話 0288・26・1334
庭先販売 午前9時~午後4時ごろまで(事前連絡をお薦めします)。
不定休

【エフ・エフ・ヒライデ
大小13棟のハウス(計1.5㌶)で、年間50種類のユリを生産、販売しています。この時季は、白いカサブランカ、ピンクのソルボンヌ、ティアラ(花粉が飛ばない)、赤いコブラなどがお薦めです。
大きいオリエンタルユリは1本400円から、小さいLAユリは1本150円からです。オーナー夫人の平出澄子さんは、一級フラワー装飾技能士の資格を生かしてフラワーアレンジやブーケの注文に応じ、直売所での販売や地方発送も行っています。生産者直売なので花も新鮮で、値段もお得です。また、彼岸明けから4月中旬まで、各種ユリの球根(1個40円から)を特別販売します。

*球根の植え付け方

球根の植え付けは、球根の高さの2倍の土(乾燥した腐葉土)をかけ、十分に水を与え、半日蔭で風通しを良くします。

エフ・エフ・ヒライデ
宇都宮市平出町335の3
電話 028・660・8732
営業時間 午前9時~午後6時
定休日 日曜、祝祭日
駐車場 10台
http://www.hiraide.net/


インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る