6月はジューンブライドで知られるように、結婚式が盛んです。旬のテーマに沿って、県内で活躍する人やグループを紹介する月イチ企画「Tochigi 人びと」。今回は結婚式の〝介添人〟ともいえる式を支える人たちを、その思いと共に紹介します。

観光資源で門出を演出  

プランナー
トチギ結婚式協議会代表理事  
 吉 田 公 美 さん
  日光 

 

 「日光はあらゆる場所が絵になる」と、10年ほど前から、市内の観光地などで和装姿を主として行うロケーションフォトウエディングのプロデュースを個人で始めました。

 昨年、県庁内で行った「行政婚」に携わったことがきっかけとなり、県の代表として「エリアウエディングサミット」に参加。各県の魅力を生かして結婚式を盛り上げようとする全国の活動を知る機会になりました。

 サミット参加後に、栃木県にも数多くある素晴らしい観光資源を「婚礼」という切り口で広げ、観光振興の発展、魅力をもっと発信できればと決断。ヘアメーク、衣装、カメラマン、司会業の経歴を持つ4人のメンバーで「トチギ結婚式協議会」を立ち上げ、今年2月にスタート。

 「二人で進む大切な節目。必ずすてきな一日を作る」。地域、行政などのサポートも含め、新郎新婦の思い出が詰まった観光地などを活用し、二人の門出を祝う最高の演出をメンバーと共に形にしていきます。

 「日常の中で、純和装の花嫁姿を目にする機会が増えたらうれしい」。結婚式を身近なものとして、地域全体を巻き込んで祝福ができればとの思いは10年前からの変わらぬ願い。今後は「婚礼」だけでなく、人と人とのご縁をつなげられる団体にと、さらなる魅力発信に向け進みます。

(問)トチギ結婚式協議会☎090・8487・9300。

 

最高の音色を奏で祝祭を彩る  

オルガニスト
那須ステンドグラス美術館、那須高原セント・ミッシェル教会館長
  原 若 葉 さん
  大田原 

 

 チャペルに響く優しく美しいパイプオルガンの演奏で、これまで600件のブライダルを祝福してきました。ブライダルの演奏を始めたのは17年ほど前。「原さんに演奏してほしい」。偶然、美術館での演奏を聴いたあるカップルの強い希望が、ブライダルへとつなげてくれました。

 「石造りで天井が高いチャペルは最高の音色」。国立音大で学んだオルガン。単に演奏するのではなく、入場して祭壇の前まで進む新郎新婦の動きに合わせて楽曲の長さを整えることが一番大変なところです。

 カップルそれぞれにストーリーがあり、感情を抑えて演奏した後に泣いたことも。「一緒に写真を撮ってください」という言葉に幸せな気持ちになります。

 「新郎新婦にとって一生の記念であり、そこに至るまでのいろいろな努力をしています。このお二人と皆さんが生涯幸せでいられるよう演奏しようといつも思います」  

(問)那須高原セント・ミッシェル教会☎0287・76・1322。

 

一番美しく見えるよう仕上げ 

ウエディングドレス制作
hanano-ya
   中 田 ゆ み さん
  宇都宮 

 

 ロイヤルウエディングで使用されるような上質なシルクやレースを使いオリジナルのウエディングドレスを制作しレンタルしています。一人一人の個性や体型のバランスに合わせウエストラインや丈、肩幅、胸元のドレープまで細かな微調整やデザインの変更を行い、花嫁が一番美しく見えるドレスに作り直して貸し出すのが特徴。リボンの結びまできれいに仕上げて送り出すため、当日会場で着付けも行います。 

 「幸せに包まれた花嫁から『良かった』と言ってもらえることが何よりうれしい」

 母校の文化服装学院で教壇に立っていましたが、結婚を機に宇都宮に来て20年になります。行きつけの美容師さんからの制作依頼から口コミで評判が広がり仕事に。主にアットホームな雰囲気が人気のレストランウエディングで結婚式を挙げる人に選ばれています。自宅の一室をショールーム兼フィッティングルームにした完全予約制。価格の中心は20~30万円(クリーニング代別途)。

 (問)hanano-ya☎090・9963・3457。

 

心込めて保存できるケーキを  

シュガーアートケーキ製作
シュガーアートニーナ主宰
   星 野 直 美 さん
  宇都宮 

 

 結婚式の見せ場となるケーキ入刀。その主役となる「保存できるウエディングケーキ」を制作。通常は、発泡スチロールのウエディングケーキにシュガーペーストをカバーリングして仕上げますが、結婚式でケーキ入刀したい場合は、一番下の段はフルーツケーキに。入刀後、参列者に振る舞えると同時に、上の2段は保存可能です。

 このケーキは自分で作ることもできます。新婦自ら、新郎新婦の共同制作、新婦の母親が娘のために、といろいろなニーズに応えて丁寧に指導してくれます。

 大きなウエディングケーキ以外にも、受付に飾る小さなウエディングケーキやウエルカムボードも手掛けています。

 「『毎日笑っていられる家庭を作れますように』とケーキに願いを込めて送りだします。作っていて幸せをもらえる楽しい仕事です」

 シュガーアート、アイシングクッキーの教室も常時開催しています。

 (問)星野さん☎090・4597・8017。

 

声のトーンや間を工夫して  

ブライダル司会者
ハートフルワン
   鈴 木 千 春 さん
  小山 

 

 キャリア25年のブライダル司会者。担当したカップルは2500組以上。「毎回感動があり、幸せな空間にいられることに感謝しています」と笑顔で話します。

 人が好き、話すことが好きで、司会、リポーターの仕事に就きました。結婚を機にブライダル専門の司会者となり、11年前に司会事務所「ハートフルワン」を設立。県南、宇都宮を中心に司会業をしながら司会者育成、派遣業務を行っています。

 司会を担当する際は、必ず新郎新婦の希望を聞いて、お二人のイメージに合う進行を考えます。楽しい場面、感動の場面などにふさわしい声のトーンや間を工夫して、会場の雰囲気作りも大切にしています。

 3年前から専門学校のホテルブライダル学科の非常勤講師も。ビジネスマナー、ブライダル業界の経験などを伝えています。「後進の育成に力を入れながら、自分自身も日々勉強。必要とされる限り司会を続けていきたいです」

 (問)鈴木さん☎090・4212・4654。