遊々街めぐり第4回 ファインフィールド南宇都宮石蔵倉庫群

2014/2/26
このエントリーをはてなブックマークに追加
伝統と重厚さ…中はドキドキ 華やかに

残った運命に新たた息吹
東武宇都宮線南宇都宮駅北側に、昭和27年から34年にかけて建てられた、L字型(縦50㍍、横20㍍)の連棟1棟と2棟の大谷石の石蔵が並んでいます。以前は使用されずひっそりとたたずむ石蔵群でしたが、この石蔵に魅了された人々によって見事に復活しています。その中の一人、ギャラリー悠日の柏崎健次さん(62)に、石蔵の歴史や現在に至った経緯などをお聞きしました。

自宅が同駅の反対側にあり、この場所を通るたびに石蔵群が気になっていました。もともとは政府米の備蓄倉庫で、2000俵くらいは入っていたそうです。ほかの蔵はみそ蔵などにも使われ、いろいろ変遷があったようです。

12年前、最初に「ユイ設計デザイン」(旧マークスデザイン)が入り、プロダンサーの妻木律子さんのダンススタジオ「be off」や「クラシカルバレエ宇都宮」ができました。現在の駐車場には、住宅や屋根だけ付いた木造倉庫があり、石蔵全体の姿は見えませんでした。

9年前、たまたま知り合いから空いている石蔵スペースがあると聞き、「盆栽ギャラリー」を始めました。5年前に「もっと違う空間を作りたい」とスペースを広げて「ギャラリー悠日」をオープンしました。そして、もっと皆さんに楽しんでほしいと「悠日カフェ」を、昨年から「蕎麦と銘酒 饗庭」も併設しました。ほかの蔵には、2つの飲食店と写真スタジオが入りました。

この場所は、駅前ですので用途はいろいろあったはず。つくづくマンションにならなくて良かったと思っています。できればこの石蔵倉庫群のほかに、南宇都宮商店街の空き店舗にも新しい店が入って、もっと活性化してほしいと思います。



「悠日カフェ」
   
「ギャラリー悠日」のイベントやコンサートの来場者、石蔵の雰囲気を楽しみたい人に好評なカフェ。安全でおいしい食材を使用した各プレート料理ランチ(1050円)は、前菜、ソフトドリンク付き。店内では、有名ミュージシャンのPV撮影もありました。


宇都宮市吉野町1の7の10
電話 028・633・6285
ランチ午前11時半~午後2時、ティータイムは同6時まで。
火、水曜休
駐車場 15台
http://www2.yujitsu.com/



「和食 了寛」
   
7年前、みそ蔵から正統な日本料理店へ。トタン板の外観と、美術館のようなモダンな空間の店内とのギャップに誰もが驚嘆します。築地から仕入れた新鮮な魚料理がリーズナブルに味わえます。ランチは1700円から。ディナーは3200円から。一部は要予約。


宇都宮市吉野町1の7の10
電話028・611・1711
午前11時半~午後3時(OS同2時)、午後6時~同11時(OS同9時)
月曜、第1日曜休
http://www.ryo-kan.net/



「RESTAURANT Chihiro(レストラン チヒロ)」
   
競馬新聞の印刷所からフレンチ店になって7年。ガストロノミー(美食学)を追求し、季節感を表現したシェフのお任せコース(完全予約制)が味わえます。ランチは3150円から、ディナーは6300円から。スイーツの「パティスリー チヒロ」も併設。


宇都宮市吉野町1の7の10
電話028・633・5929
正午~午後3時(LO同1時)、午後6時~同11時(LO同8時)
火曜、第3月曜休
駐車場 10台
http://imaginer.co.jp/restaurant/



インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る