「初心者でも簡単!ガーター編みのマフラー」

2013/12/18
このエントリーをはてなブックマークに追加
  極太の毛糸と太い編み針を使って、短時間で簡単に作ることのできる手編みのマフラーの作り方を栃木市倭町の「須藤雑貨店」で教えていただきました。
  初心者におすすめの「ガーター編み」は、表目を1段、裏目を1段と交互に編むもので、実際は、表目を編んだら編地を返して左手に持ち替えて、また表目で編むため表目の編み方のみでガーター編みができます。
  集中して頑張れば一日で完成するので、クリスマスプレゼントにも間に合うかも。

・材料
・極太ウール 100g
・棒針8~9ミリ
・ボタン1個

【作り目】

   
   
①糸端からマフラーの幅の3.5倍のところで輪を作り、針を通して糸端を引く。
②左手の親指に糸端のある方をかけ、長い方の糸(毛糸玉から引き出す方)を人差し指にかける。右手は人差し指で最初に作った輪を押さえる。
③左手の親指の手前にある糸を右手の針で下から引っかける。そのまま人差し指にかけた糸の間に針を入れ、糸をかけたら親指にかけた糸の間を通して手前に出す。親指の糸をはなす。
④②③を繰り返して作り目を作る。

【ガーター編み】
   
   
   
①作り目が出来たら、作り目を返して、針を左手に持ち替える。編むのに使用する方の糸(毛糸玉から引き出す方)は、針の奥から出して人差し指にかける。
②目の手前から針を入れて、人差し指に掛かる手前の糸を引っかけてそのまま引き抜いたら、左の針から目を一つ外す。
③②を繰り返し、端まで編んだら、編地を返して左手に持ち替えて、同様に②で編む。

【目の止め方】
   
   
①ガーター編みと同様に端の2目を編む。
②右端の目に左の針を入れてかぶせる。
③次の目を一目編んだら、②と同様に右端の目に左の針をいれてかぶせる。③を繰り返して伏せ止めをする。
④最後は輪に糸を通し引き抜いて止める。



毛糸・手芸・和洋裁材料の店「須藤雑貨店」
栃木市倭町1—22
電話0282・23・7190
営業時間午前10時~6時半
月曜定休
※今月19~22日午後1時~同4時。「初心者でも簡単!ガーター編みのマフラー」の講習会を開催。講習料無料(材料費用のみ)。

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る