スープの中に美味しい冬見つけた!

2013/11/13
このエントリーをはてなブックマークに追加

スープの中に見つけた!

 寒さに凍えた体を芯から温めてくれる一皿のスープ。旬の野菜や魚介、お肉など、素材のうまみと栄養を丸ごと味わえる優れた料理です。冬の食卓をホットに楽しく! 大地の恵みをよく知る生産農家と美食の国に魅せられたシェフの3人にお薦めのスープを教えていただきました。


カーラ・ロゼッラ
【ミネストローネスープ】(4人分)
   


❶中火の鍋にオリーブオイルまたはサラダ油大さじ2~3を入れ、つぶしたニンニク、あればローズマリー1本(5㌢ぐらい)とセージの葉2~3枚、5㍉幅に切ったベーコン40㌘を炒める。
❷①にかなり粗いみじん切りにしたタマネギ小1個(約100㌘)、半月またはいちょう切りにしたニンジン小1本(約100㌘)、5㍉幅に切ったセロリ1~2本を加えて、タマネギが透明になるまで炒める。
❸トマト缶1缶(ホールトマトの場合は手でつぶす)と水400㏄、固形チキンコンソメスープのもと1個を加えて10分ぐらい煮込む。
❹うずら豆またはミックスビーンズ(ゆでたもの)80~100㌘を加えて豆がしっかり軟らかくなるまで15~20分煮る。
❺半月またはいちょう切りにしたズッキーニ1/2本とタマネギと同じぐらいの大きさに切ったキャベツの葉2~3枚、水分が足りない時は、水200㏄ぐらいを加え5~6分煮て、塩こしょうで味を調えて、火を止めたら好みでオリーブオイルを少々まわし入れる。
❻お皿に盛りつけて、食べる前にパルメザンチーズをかける。
★この時季、大根(葉も)、白菜、さやいんげんなどを入れても合います。

◆カーラ・ロゼッラ
オーナーシェフ粕谷一子さん
さくら市氏家2741 電話 028・682・2989
月曜、第3日曜休


Restaurant Kakurai
【牡蠣と丸ごと蕪を使ったチャウダー】(4人分)

   

❶ブイヨン1㍑(水1000㏄と顆粒コンソメまたは顆粒チキンブイヨン1.5㌘)を鍋に入れ一煮立ちさせておく。
❷カブ4個の皮をむき中身を少しくりぬく。
❸①に②を入れ、強火で沸かす。
❹一煮立ちしたら火を止め、そのままにして余熱で火入れ、味を入れる。
❺カブに串がスッと通ったら鍋から引き上げ、キッチンペーパーで水気を切っておく。※前日に仕込んでブイヨンにつけておくと味のなじみがよい。
❻別鍋にサラダ油少々をひき、1㌢角に切ったタマネギとベーコンを塩こしょうして弱火で炒める。
❼さらに加熱用むきカキ8個と1㌢角に切ったジャガイモ1/2個を入れ、しんなりするまで炒める。※カブのくりぬいた部分もカットして入れる。
❽色がつき始めたら白ワイン10㏄(調理酒で代用可)を入れ、強火でアルコール分を飛ばす。※カキはつぶれてもOK。
❾鍋の水気が無くなり始めたらカブをゆでたブイヨンをすべて入れ、中火で一煮立ち。
❿仕上げに牛乳50㏄と切ったカブの葉を入れ、塩こしょうで味を調えて沸騰したらスープは完成。
⓫⑤のカブを耐熱皿にのせ、くりぬいた箇所にカキとピザ用チーズ適量をのせトースターで焼き色がつくように加熱。
⓬好きなお皿に⑪をのせ、⑩を注ぎ、オリーブオイル少々をかければ完成!※好みで一味をかけてもおいしい。
Restaurant Kakurai
オーナーシェフ加倉井匠さん
宇都宮市北一の沢町4の10 ジュネスガーデン103
電話 028・622・5333
月曜休
www.r-kakurai.com


まんまる農園
     

【ミニ野菜のころころスープ】(4人分)

❶鍋で菜種油(またはサラダ油)を熱し、みじん切りのニンニク1/2片を炒める。
❷香りが出たら、1.5㌢幅に切ったベーコン70㌘を加えてさっと炒め、タマネギ600㌘、ニンジン300㌘をさっと炒める。
❸水800㏄を入れて煮る。野菜が軟らかくなったら、塩こしょうで味を調えて完成。
★普通サイズの野菜を丸ごと煮て、ほぐして食べてもOK。

【大根のポタージュ】(4人分)
❶大根20㌢(650㌘)を5㍉ぐらいのいちょう切りにし、ひたひたの水で軟らかくなるまで煮る。
❷煮汁と一緒にミキサーにかける。
❸鍋に戻して火にかけ、塩適量と豆乳100㏄を入れ、煮立つ前に火を止める。

まんまる農園
丸山智子さん
真岡市八條487の2
電話 0285・82・3225
http://manmarunouen.jimdo.com


インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る