特集 スクラップブッキングの作り方

2013/8/21
このエントリーをはてなブックマークに追加

 久々にアルバムを開いてみたら大切な写真が色あせていたり、いつ撮影したのかわからなくなってしまっていたり…。そんな経験はありませんか?「スクラップブッキング」は思い出の写真を専用のペーパーに貼り、ステッカーやリボンなどで飾りつけ、メッセージを添えて作る手作りアルバムです。テーマを決めて選んだ写真を①貼る②飾る③添える—この3つを基本に誰でも簡単に作れます。夏休みの思い出作りの一つとして、お子さんと一緒に作るのもおススメです。

★準備するもの

 写真の劣化、作品の色あせを防ぎ、長期保存を可能にするため、用いる材料は「酸」を含まないスクラップブッキング専用「アシッドフリー」製品を使います。

●写真1枚(お店プリント)、アシッドフリー水色紙・青色紙・濃青色紙を1枚ずつ(一般に売られている紙は12㌅で約30㌢×30㌢)・文字入りの紙1枚・ペン・のり、はさみ(先が細いクラフト用)、定規、筆記用具

★作り方

①台紙になる部分の水色紙6㌅(約15㌢×15㌢)になるよう4分の大きさに切る。

②写真の下に入る青色紙の角に写真載せて、写真から1㌢外側にラインを取り、それに沿って切る。

③一度真ん中に写真を置いて周りに5㍉程度の縁が出来上がるか確認する。

④①と同様に濃青色紙を同じく4分の1に切り、おおよそ3分の1の高さのところから鉛筆で波を書き、それをはさみで切る。

⑤文字入り紙使いたいれたい文字を探して、組み合わせを考えながら切り抜く。

⑥水色紙の切り余った部分でしずくをお好みの大きさに切る。

⑦水色紙と青色紙の余っている部分を切り抜き、ジャーナル(日付や思い出のコメントを添える。)

⑧全て台紙の上に置いてみて、バランスを確認できたら下から順に貼りつける

⑨専用のクリアケースや額に入れて出来上がり。

★応用・アレンジ方法

 スタンプ・ステッカー・テンプレートなどを使って空いたスペースに飾りつけをすると、より、完成度が上がります。

★ワンポイントアドバイス

 「テーマ」を決める。例えば「夏祭り」・「家族旅行」など。

 本やHPの作品集から色合いや雰囲気をみて、自分が作りたいイメージを想像。

 台紙の色選びに悩んだら同系色(寒色・暖色)のものを選ぶ。

 作品を作る過程も楽しみながら仕上げる。

【協力】

根橋尚子さん

電話0287・54・0309。

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る