特集 夏バテ予防レシピ

2013/7/26
このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い夏は食欲が落ち、冷たいものを多く取りがち。健康的な食生活を心掛けましょう。この時期にお薦めの夏バテ予防料理をご紹介します(各4人分)。「暑さに勝つのは…今でしょ!」

★「ミョウガご飯」

①縦半分に切り、薄切りしたミョウガ3個は水にさらしてアク抜きし、水を切り小さじ2のごま油で軽く炒める。

②ご飯600㌘に昆布茶小さじ2、①のミョウガ、種を取って細かくたたいた梅干し2個を加えて混ぜて、器に盛る。白ごま、千切りの青シソ、酢取りショウガ各適量を散らす。※香辛野菜や梅干しが食欲をそそる。梅干しは胃腸の代謝、血流を促進し、ミョウガは抗菌、抗炎作用がある。

★「ポークソテー・ジンジャーソース」

①ボウルにタマネギ、ショウガ各60㌘とニンニク2片をすりおろし、赤ワイン、しょう油、リンゴジュース各80㏄、ハチミツ大さじ1を入れ、混ぜてソースを作る。

②フライパンにオリーブ油大さじ2を熱し、軽く塩コショウし、小麦粉を薄くまぶした豚肩ロース肉8枚を広げて中火で焼き、両面に焦げ目がついたらソースを入れて絡め、火を止める。皿に盛り付け、オリーブ油でソテーし、塩コショウしたパプリカや茹でた枝豆適量を散らす。

※豚肉やウナギなど動物性食品は夏バテ予防にお薦め。

★「パンプキンポタージュスープ」

①鍋にバター20㌘を加え、みじん切りタマネギ80㌘を弱火で炒め、皮をむきイチョウ切りのカボチャ160㌘も焦がさないように炒めたらブイヨン2カップを加え、柔らかくなるまで中火で煮込む。

②①と牛乳400㏄をミキサーで滑らかにして鍋に戻し、塩コショウ少々で味付けしたら生クリーム80㏄を加え、滑らかに仕上げる。盛り付け後、クラッカー適量を散らす。

※カボチャは免疫力を高めるカロテンなど栄養豊富。

協力/佐野市茂呂山町「いこいの里レストランもろ山」栃木章広料理長。

(問)同店電話0283・24・1223。 

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る