Interview なかがわ水遊園解説員 篠原妃佳里さん

2014/12/4
このエントリーをはてなブックマークに追加
12/4付アスポフロント写真
篠原妃佳里(しのはら・ひかり)
1988年、栃木市生まれ。埼玉県の動物専門学校卒業。2009年なかがわ水遊園の解説員として入社。

 県内唯一の水族館「なかがわ水遊園」は開園から13年を迎えました。「見る」「触れる」「体験する」館内には、水遊園を楽しく過ごせる工夫がたくさんあります。解説員から生き物についていろいろ教えてもらうのもその一つ。今回は解説員として今年で6年目の篠原妃佳里さん(26)に水遊園での楽しみ方を聞きました。

◇ ◇ ◇

解説員は主にどんな仕事ですか?
   水遊園に来ていただいて、最初にお出迎えするのが私たち解説員です。チケットの販売や案内を行う中で、メーン業務は生き物の触り方を解説する「タッチングコーナー」、水族館の裏側を案内する「バックヤードツアー」、魚の生態を解説する「スポットガイド」などがあります。水遊園での時間を快適に楽しく過ごしてもらえるよう、お客さまの様子を見ながら、こちらから声をかけることもあります。お客さまとのコミュニケーションも大切なお仕事です。

「タッチングコーナー」でお客さまと触れ合う篠原さん
「タッチングコーナー」でお客さまと触れ合う篠原さん

水遊園を何倍も楽しめる解説員との交流の仕方はありますか?
   普段から、どんなことでも気軽に声をかけてくれたらうれしいです。「目はどこにあるの?」「どんな餌を食べるの?」など質問や疑問、何気ない会話も楽しみにしています。「タッチングコーナー」で魚に触れながら会話が広がることもあります。また、イベントに参加するのも一つです。解説員と一緒に体験する中で、会話が生まれ、自然と打ち解けてくれる方も多いです。

ライトアクアリオ
来年1月18日まで楽しめる室内イルミネーション「ライトアクアリオ」

2日からクリスマスイベントが始まりましたね。
   赤と緑のカラーで彩った装飾品が飾られ、水族館全体が一気にクリスマスの雰囲気です。室内イルミネーション「ライトアクアリオ」では、700個のグラスで作られたタワーの中で幻想的に動く生き物も見ることができます。

 大人気の「サンタの水中散歩」はトンネル水槽にやってきたサンタさんと会話や写真撮影のほか、水中サンタからクリスマスカードが届くサプライズイベントなどがあります(要予約)。また、世界最小の生き物に出合える「小さな生きもの展」も開催中です(1月18日まで)。

篠原さん自身を水遊園にいる生き物に例えると?
   暖かい海に住む、グレートバリアリーフをイメージしたゾーンにいる「アカウミガメ」かな(笑)。茨城県の大洗水族館から借りてきているウミガメで、とても人懐っこく、水槽の近くまで寄ってきてくれる、愛らしくて人気の生き物です。映画「ファインディング ニモ」に出てくるようなカラフルな魚がたくさん泳ぐ水槽の中は、見ているだけでワクワクします。また、運良く見られるのが、生き物の産卵の様子です。ぜひ、目線を落として足元のほうも注意深く観察してみてください。

解説員として6年目。今までの苦労話、今後の目標を教えてください。
   振り返ってみると、やはり、最初の1年目が大変でした。生き物の解説に加え、お客さまの前で笑顔を絶やさずガイドを行うこと。「表情を柔らかく…」。当時は緊張が大きく、なかなか上手く出来ませんでした。知識の勉強とガイドの練習の日々。苦労もありましたけど、「まずは自分が楽しんで仕事をやること」を意識することで少しずつ気持ちも楽しく、笑顔で出来るようになりました。今でも本を片手に飼育員から教えてもらう生き物の知識や、全国の水族館の解説員との交流で刺激を受けることで、もっと学ぶべきことがたくさんあると感じています。今後もお客さまからの笑顔と「ありがとう」を励みに「なかがわ水遊園の解説員」として頑張りたいと思います。

小さな生きもの展

【なかがわ水遊園】

大田原市佐良土2686
TEL 0287・98・3055
http://tnap.jp

冬の企画展「小さな生きもの展」
・開催日 1/18(日)まで
・開催時間 開館時間中
・開催場所 ギャラリー
・料金 無料(入館券をお持ちの方)

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る