スマートフォン保有率が約80%と言われる最近。日常のシーンを気軽に撮影するなら、いつも身近で使っているスマホがベストです。スマホに標準搭載されているカメラアプリで、簡単に動画撮影ができます。そんなスマホの活用術をドコモショップ宇都宮北店の店長水沼聖一さんと、スタッフの水井里美さんに教えていただきました。

ドコモショップ宇都宮北店に聞く基本   

縦・横、画角を考える

スマホでは、いつでもどこでも、手軽に動画が撮影できます。身近な撮影をするための基本的な知識を覚えましょう。

 また、動画が撮れるだけでなく、アプリで簡単に編集できたり、撮ったその場ですぐに会員制交流サイト(SNS)に投稿できたり、無料通信アプリ・LINEで送ったりと、いろいろと楽しみ方もあります。

◆撮影画角を考えます  

・フルショット  
 人物の頭から足先までを撮ること  

・ウエストアップ
 人物の腰から上を撮ること  

・バストアップ
 人物の胸から上を撮ること

 ・クローズアップ
 顔に焦点をあわせて撮ること

※会話やトークショーの撮影はバストアップで。発表会や結婚式などの撮影は、まず、全体を撮影し、徐々に個人のフルショットからクローズアップへ。風景撮影は、撮りたいものと空やほかの景色とのバランスを考えて撮影する。

◆カメラを起動します

 MENU画面から動画(ビデオ)撮影モードをタップして選びます。自撮り動画の場合はMENUから「カメラ切替」をタップするとインカメラに切り替わります。

◆縦撮りなのか、横撮りなのか撮影前に決めておきます

 録画ボタンを押した時点のスマホの向きで、動画の向きも決まってしまいます。撮影途中で向きを変えても動画の向きは変わりませんので、向きを決めてから録画ボタンを押しましょう。

ペット撮影のときは姿勢を低くしてペットに近い目線で

 

明るさ、持ち方、動かし方…

コツを知り 思い出をキレイに  
ドコモショップ宇都宮北店の水井さん。とても優しく教えてくれました

 

 運動会や家族旅行などの行事、成長の記録など、思い出や記念のビデオを撮影する機会も増える時期です。そこでスマホを使った室内や屋外での動画撮影のコツ、撮影や編集時に使えるアプリなど教えていただきました。

 

 

◆画面サイズを設定する

サイズの選択はAndroidはカメラの設定から。iOSは本体設定のカメラから
動画投稿などでは「ケータイメールVGAサイズ640x480」が最適

 

 

 

 


 スマホで動画を撮るときの注意は、「何が何でも高画質がいい」というわけではありません。高画質で撮影すると容量が重くなり、スマホの容量が足りない場合は保存できません。  動画投稿サイトユーチューブやSNSに投稿する場合などは、VGAサイズ(640X480)が最適です。

 室内で撮影する場合 

 祝い事やパーティーなど、室内で撮影するとき、うす暗い場合はスマホが自動で明るさ調整をしてくれます。一方、発表会や結婚式など明るいところと暗いところがある場合は、明るい方に合わせて自動調整してしまうので、ホワイトバランスを調整することが大切です。

◆ホワイトバランス調整の仕方

 ● OSの場合  動画モードで画面をタッチして☀のマークがでてきたら、画面を縦にスライドさせると明るくなったり、暗くなったりするので丁度いいところを選ぶ。

 ● Androidの場合  動画モードの画面の +/- で調整。機種によっては横スライドで調整できるものもある。

スマホを横長にして両手で持ち、脇をしめて三脚になったつもりで

 屋外で撮影する場合 

 運動会や公園など屋外で撮影する機会も多いでしょう。被写体をカメラで追い掛けて撮影する場合は、スマホをできるだけゆっくりと体全体で動かしましょう。速く動かしたり、スマホだけ動かしたりすると、画面がぶれて見づらい動画になります。

 姿勢は、スマホを両手でしっかり持って、自分が三脚になったつもりで脇をしっかり締めることがポイントです。

お勧め無料アプリ ~編集、DVD作成など便利~

 スマホの無料アプリをうまく利用して、上手に動画を撮影しましょう。

Google フォト(iOS/Android対応)■
Androidに初めから入っているアプリ。iOSにもダウンロード可能です。スマホ、タブレット、PCなどから利用でき、機種変更後もそのまま使えるのが魅力。50個までの動画や写真を1本のムービーにできます。自動でBGMを付けてくれますが、消すこともできます。
■iMovie(iOS対応)■ 
iOSに入っている編集ソフト。動画の編集がとても簡単。Googleフォト同様、動画をつなげて1本のムービーにできます。
MERITE(iOS/Android対応)■
スマホで撮った動画(上限10本最大30分)をアップロードするだけで、毎月1枚までDVD作成代金が無料に(送料432円別途)。手軽にDVD作成を楽しめます。
■ 家族アルバム「みてね」(iOS/Android対応)■ 
写真、動画を招待した家族だけで共有できるアプリ。招待されたメンバー全員がアップでき、コメントも付けられます。また、写真、動画の自動整理もしてくれます。

 

ドコモショップ宇都宮北店
宇都宮市岩曽町1321の2
☎0120・171・734

 

 

動画サイト「ムーブメイト」にはいろいろな思い出が投稿されています
撮った動画はMovemateへ  

 せっかく撮った動画は、下野新聞社の動画サイトMovemate(ムーブメイト)に掲載して、たくさんのいろいろな人たちに見てもらいましょう。皆さんの投稿をお待ちしています。

◆Movemateとは?

 Movemateは「地方発!とちぎを元気にする動画サイト」として、下野新聞社が昨年9月に開設。県郡市町対抗駅伝などのスポーツ、観光イベントの生中継や、記者が撮影したニュース動画の配信などを行っています。

 オリジナル動画も配信しており、下野新聞ニュースカフェ〜スポルトバル〜のレシピを紹介する「VeryBerryCooking」や、インスタ映えする旬の観光地を1分間で紹介する「VeryBerryTravel」は多くの方に視聴されています。

◆投稿動画も募集中

 

 Movemateには開設以来、約250件の動画が投稿されています。スマホで撮影した動画は簡単に投稿し、共有することができます。

 外出先でおいしかった料理=写真=飼っているペットの面白い行動などどんな動画でも大丈夫。ただし広く一般に公開されるので、個人情報に関わる内容が含まれていないか確認してください。投稿された動画を掲載する前に、動画の審査を行っていますので安心して投稿してください。

 2019年度投稿動画アワードも開催中。年度内で一番再生された動画を投稿された方には、商品券(3万円分)を進呈します。ちなみに昨年度1位を獲得した作品は「都賀町 長福寺のしだれ桜」の動画でした。

※投稿はこちらから


(問)下野新聞社 デジタルメディア部
 ☎028・625・1041。