那珂川あゆ街道編

2015/10/5
このエントリーをはてなブックマークに追加

 県内10の食の街道を巡る県主催のツアー「食の街道をゆけ!とちぎ田舎の歩き方」が7月から11月まで、全9回の日程で開催されます。各街道の食や農村風景をウォーキングやバスなどで巡るツアー。各街道ツアーの様子を紹介します。

『那珂川あゆ街道編』
“ウォーキングツアー”

鮎料理としっとり街散策

大雄寺入り口で、ボランティアの解説を熱心に聞く参加者たち
大雄寺入り口で、ボランティアの解説を熱心に聞く参加者たち

 「那珂川あゆ街道編の」ウォーキングツアーは、しとしとと小雨の降る、肌寒いあいにくの天気の中、60人余りが大田原市の黒羽運動公園をスタート。一面に広がる田園風景を眺めながら、大雄寺、黒羽芭蕉の館、黒羽城址公園周辺を散策。三つのグループに分かれ、講話ボランティアガイドさんの解説を聞きながら、ゆっくりとその歴史を巡りました。

 その後、那珂川沿いに歩いて黒羽観光ヤナに到着。ガイドさんおすすめの「鮎の釜飯」や「鮎の塩焼き」など鮎料理を堪能しながらひと休み。

約8キロに及ぶ今回のツアー。「お天気さえ良ければ最高」の言葉に続いて「雨だからこそ、風情のある黒羽を楽しむことができた。特に大雄寺は良かった」と日光市からご夫婦で参加した木下恵子さん(61)。お土産の「あゆチップす」を片手に多くの方の満足そうな表情が印象的でした。

小雨が降る中、ウォーキング
しとしと小雨の降る中でのウォーキング

黒羽運動公園からスタート   途中休憩の「禅味一笑」さんで黒羽の歴史について話を聞きました
あいにくのお天気ですが、参加者62名が元気に黒羽運動公園からスタート!   途中休憩の「禅味一笑」さんにて、黒羽の歴史の話を聞きました
栃木県県文化財指定の「総門」にて   水琴窟に耳を澄ませる参加者たち
栃木県県文化財指定の大雄寺「総門」前にて。
  「水琴窟」に耳を澄ませる参加者たち。

萱葺き屋根の廻廊

撫で仏「おびんずるさま」
病気や怪我が治るといわれる「おびんずるさま」を撫でる参加者たち。

芭蕉の館にて「大雄寺」の次は「芭蕉の館」へ。ここでもボランティアさんの説明を熱心に聞く参加者の皆さん。

芭蕉が歩いた当時の雰囲気を感じることができました

その後、一同は「黒羽城址公園」を散策。お天気がよければ「日光連山」も一望できる絶景ポイントなのですが・・・今回は残念。

 



黒羽観光ヤナ
清流那・珂川にある「黒羽観光ヤナ」

 お昼休憩の「黒羽観光ヤナ」に到着。日光から参加した木下幸治さん(写真左下)は「鮎の塩焼き」を食べながら「雨だったけど、大雄寺は普段より風情が感じられて良かった」と満足した笑顔を見せてくれました。

また、「鮎の釜飯」を堪能していた高根沢町の山崎亨さん(写真右下)もやはり、「大雄寺でボランティアさんから詳しく解説が聞けて良かった」と話してくれました。ボランティアさんおすすめの釜飯も「とても美味しい」と喜んでいました。


黒羽観光ヤナで鮎の塩焼きでホッと一息   黒羽観光ヤナでおすすめの鮎の釜飯
黒羽観光やなで「鮎の塩焼き」を堪能   絶品「鮎の釜飯」はボランティアさんもおすすめ

黒羽名物「あゆチップす」はお酒のおつまみに最高!

 今回の「那珂川あゆ街道」では参加者全員に「禅味一笑」さんから「あゆチップす」をお土産にいただきました。カリポリした食感でちょっぴりピリ辛な味付けは、まさにお酒のおつまみに最高な一品。「雨の中を歩くなんて、こんな機会がないと経験できないわよね」と、笑顔で話してくれた参加者の皆さん。本当にお疲れ様でした。また、お天気が良い日にも黒羽散策をしてくださいね。

あゆチップす
参加者さんへのお土産は名物「あゆチップす」

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る