那須高原ミルク街道編

2015/8/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

 県内10の食の街道を巡る県主催のツアー「食の街道をゆけ!とちぎ田舎の歩き方」が7月から11月まで、全9回の日程で開催されます。各街道の食や農村風景をウォーキングやバスなどで巡るツアー。各街道ツアーの様子を紹介します。

『那須高原ミルク街道編』
“サイクリングツアー”

高原走り抜け手作り体験も

ペットボトルを使用しバターを作り、出来たてを味わい大満足
ペットボトルを使用しバターを作り、出来たてを味わい大満足

 「那須高原ミルク街道」で7月26日、サイクリングツアーが開催され、ブリッツェンの柿沼社長、同フェアリー自転車競技部のMIHOさん、ブラーゼンの若杉マネージャーと一緒に、小学生から60代の21人が約40kmを走りました。

 バイクを使ったストレッチでウォームアップをした後、駅の道那須高原友愛の森をスタート。那須連山の絶景を一望できる那須高原大橋を渡り、国重要文化財の那須疎水旧取水口施設へ。木漏れ日が心地良い板室街道や小道を抜けて、今コースの難所、ロイヤルロードを上ります。「頑張った後のご褒美、那須街道の下りが気持ち良かった」と田中和江さん(59)。今牧場でのバター作り体験で、ほっとひと息。ゴールのなすとらんで「なすべん」を堪能し、疲れをリフレッシュしました。

集合写真
☆集合写真をパチリ☆
ストレッチしているところ   道の駅友愛の森をスタート!
バイクを使ってストレッチ   午前9時に、道の駅友愛の森をスタート!
那須街道を快走   那須連山の絶景を一望できる那須高原大橋
那須街道を爽快に走り抜けます
  那須連山の絶景を一望できる那須高原大橋

那須疎水取水口 ブリッツェンフェアリー自転車競技部のMIHOさんと 最初の目的地、那須疎水取水口施設に到着

 川のせせらぎをBGMにつかの間の休憩タイム。

 自転車に乗り始めて1年になるケンタロウさんとユウコさんは、「イベントに参加するのは初めてなので不安だけれど、食べるのを楽しみに頑張る!」と気合十分。

 次の目的地は道の駅 明治の森・黒磯

かくれスポット

少しのぼりのある高原の道、田園風景の小道を抜け、今コースの頑張りどころロイヤルロードを上り、那須高原を下り、今牧場へ!

今牧場に到着

今牧場に到着!

 酪農王国那須。今牧場では、子牛への哺乳体験やバーター作りを体験して、ホッとひと息。

 ゴールの道の駅那須高原友愛の森を目指します。

ミルクやり体験   作りたてのバターを試食
子牛への哺乳体験   作り立てバターを食べてゴールを目指します

なすべん なすべんを堪能

那須の食レストランなすとらんの「なすべん」

 農家のお母さんの愛情たっぷり「なすべん」。”九尾の狐伝説”にあやかり、9種類のご当地食材を厳正。地産池沼のとっておきグルメです。

 ゴールで食べる「なすべん」を楽しみに、参加者のみなさん、頑張りました。

なすべんを堪能   なすべんを堪能
お楽しみのなすべんを堪能   左から、ブリッツェン柿沼社長、ブラーゼン若杉マネージャー、MIHOさん
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る