「隣組」との交流

2016/11/30
このエントリーをはてなブックマークに追加
「隣組」との交流

 私の隣組では以前子どもたちと一緒に旅行したが、子育てを終えいつのまにか交流がなくなってしまった。隣組長交代の時は全員が集まり冠婚葬祭などについて話し合った。それも無くなってしまった。残念ながら昔のような「向こう三軒両隣」はないに等しい。

 私は回覧板を届ける時、必ず声を掛けるようにしている。1人暮らしだが出掛けることが多い。旅行で数日留守にする時は、そのむねのメモを組長さんに届けている。組長さんは回覧の内容を知らせてくれる。こうでもしないと隣組の意味がない。

 いざという時、遠くの親戚より近くの他人という言葉は今は通用しないのか。寂しい気がする。

足利市・加藤喜一
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る