引退後の過ごし方

2015/12/16
このエントリーをはてなブックマークに追加
引退後の過ごし方

 自営業だから定年はないが、残りは自分のために使おうと3月いっぱいで55年間勤めた店を引退した。辞めた当初はあり余る時間の使いみちに困ったが、5カ月以上すぎた今は、毎日が楽しく充実した日々をおくっている。

 働いていた時のように時間の決まりがないので、朝の散歩とお墓参りから帰ると朝風呂に入り温泉気分にひたる。私が辞めるのを待っていたたくさんの友人から声がかかり、コンサートや講演を聞きに行ったり、食事をしに行ったりする。年をとってから、友だちがいるということは、こんなに楽しいものなのだ。

 私はぼけずに平均寿命まで生きられたら、それ以上の欲はかかないので、足腰を鍛え、目一杯元気に遊び歩きたいと思っている。

日光市 斉藤紀子
インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る