10月15日付の「炊飯器で簡単に作る赤飯」について

2014/11/5
このエントリーをはてなブックマークに追加
●付属レシピが美味

 ささげを買った時についていたレシピで作っていますが、とてもおいしく炊けるので、分量をお知らせします。簡単です。
もち米3合、ささげ50㌘、水2カップ(400㏄煮汁を含めて)。

  1. ささげをよく洗い、鍋に水とささげを入れて、ささげが指で潰れるくらい煮て、ささげをザルに上げ、ゆで汁をとっておく。
  2. もち米を研ぎ、炊飯器に水(ゆで汁を含めて)2カップとゆでたささげを上に広げ、塩少々を入れて、白米炊きでセットする。お米は浸さなくてよい。
  3. 炊き上がったら混ぜて出来上がり。

 一度作ってみて、水の量を調整してください。

壬生町・H.Y


●圧力釜を利用して
  1. ささげを圧力釜で重りがまわってから3分煮る。赤水と豆を分けてさます。
  2. 1.が冷めたらもち米を研ぎ、炊飯器に赤水ともち米を入れる。赤水が少なければ水をたし、もち米の分量(メモリ)より2㍉位少なめに水を入れる。
  3. 最後に豆を入れ炊く(豆はまぜない)。ポイントは、米を研いですぐ炊くこと。これを忘れなければ、山菜おこわ、きのこおこわなどもち米料理が簡単にできます。

鹿沼市・みーまま


●「缶詰」使ってます

 赤飯用のあずき缶詰、もち米2合、白米3合を用意します。

  1. もち米と白米は洗って器に入れておきます。
  2. 1.の中にあずきの缶詰を全て入れ、軽く混ぜ合わせます。
  3. 炊飯器の中に2.を入れ、水を4合のメモリまで入れます。

 あとはスイッチを押して出来上がりです。美味しいお赤飯が作れます。

大田原市・信子ばーちゃん


●「赤飯の素」も◎!

 市販のお赤飯の素(3合炊き)を使います。もち米2合と白米1合を普通に研ぎ、赤飯の素と水を入れ(水は気持ち少なめにします)よく混ぜて炊きます。この炊き方で今まで失敗したことがありません。栗入りのお赤飯も炊いてみました。美味しくできました。

那須町・那須のばばちゃん


 このほか、たくさんの投稿をいただきました。
どうもありがとうございました。

インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る