おいしさの中に効能あり

2014/8/25
このエントリーをはてなブックマークに追加

  健康に役立つ漢方などの知恵が詰まった薬膳。料理の達人で学校法人三友学園校長の堀内英夫さん(71)に夏バテの疲労回復に手軽な薬膳を教えていただきました。

  薬膳は、「薬を食べる」とか堅苦しいイメージの料理ではなく「おいしい料理」を食べること。おいしい料理の中に漢方生薬が入っているという考え方でいいので、体にもいいと感じてほしいですね。

  普段、皆さんが食べている食材にいろいろな効能があります。毎日の食事を大切に食べていければ、その薬膳効果で夏バテは解消できるのではないでしょうか。

  クコの実には眼精疲労回復の効果があります。そういった効能の生薬が含まれています。木耳は原価的にも安い薬膳の素材です。乾燥のものを水で戻せば量も増えます。血液をきれいにして血流を良くして高血圧や動脈硬化などに効果があります。

  ホウレンソウなどは、ひと手間かけて、食べやすい大きさに切り、油で少し炒め塩コショウすると、鉄分がより出て体にいいわけです。これだけで家庭で簡単な薬膳が作れるということです。

 鶏肉炒めに食用のキクの花びらを散らしただけでも薬膳になります。ショウガなどは何かの料理のときに千切りやみじん切りにして入れれば、血流をよくして自然に体が温まる薬膳の出来上がりです。

 家庭では生薬を炊いてスープにして、冷まして冷蔵庫で保存しておくのがお勧めです。何かの料理のときにちょっと加えると、すごく体を温めて血流を良くしてくれる薬膳になります。こうした使い方が薬膳の原点ですね。

 地産地消の食材であれば鮮度もよく新鮮です。例えば、「とちぎポークの薬膳ソースかけ」などには松の実が合いますね。こうした食材を使った薬膳なら食べるだけで健康になるわけです。ぜひ地元の野菜や肉を使ってほしいですね。

 夏でも食事というのは3食きちんととらなければいけない。暑い1日を行動するわけですから、朝食の重要性を一番に考えるべきです。夏バテ予防には、夜は控えめにして朝に重点を置いた食事を摂ることがポイントだと思います。


薬膳 食物の薬効、薬理作用を組み合わせた食事のこと。中医学理論に基づく考え方で、季節に合わせた膳(料理)で気血の流れをよくするというもの。

ほりうち・ひでお (株)陽南荘宇都宮グランドホテルの取締役総支配人、総料理長をはじめ、宇都宮調理師専門学校校長、日本中国料理協会栃木県支部顧問、栃木県調理師連合会理事長などを歴任。現在、学校法人三友学園校長を務める。中国料理で宇都宮市の「宮のものづくり達人」

ヤシオマスの緑茶炒めトマト添え

❶緑茶は水に浸けて戻し、水気を切っておく。
❷ヤシオマスは2㌢角に切って下味をつけておく。
❸合わせ調味料を合わせる。
❹シイタケ・マッシュルームは1㌢角に切る。
❺ヤシオマス・シイタケ・マッシュルームを油通しする。
❻鍋に長ネギ・ショウガを入れ炒め⑤を鍋に戻す。
❼合わせ調味料を加え緑茶を入れ炒める。
❽皿に盛り付け、周りにトマトを飾り、クコの実を散らす。



材料(4人分)
ヤシオマス 200㌘
シイタケ 2枚
緑茶 20㌘
マッシュルーム 4個
長ネギ・ショウガ 1㌢角
(大さじ1)
トマト 2個
クコの実 適量
【下味】
酒 小さじ1
塩 少々
卵白 1/2個
片栗粉 適量
【合わせ調味料】
老酒(紹興酒) 大さじ1
塩 小さじ1/2
うま味調味料 少々
砂糖 小さじ1/2
コショウ 少々
スープ 大さじ2
水溶き片栗粉 適量


とちぎポークの薬膳ソースかけ胡瓜添え

❶豚バラ肉はブロックのままで、湯にショウガ・ネギ・紹興酒少々を入れ、ゆでる。
❷キュウリを薄くスライスして水にさらす。
❸薬膳汁は分量材料を鍋に入れ、30分ぐらい弱火にかける。
❹③をこして冷ます。
❺ニンニクをおろし、たれを合わせる。
❻豚肉を薄くスライスし、キュウリの水気をとり皿に盛る。
❼⑥にたれをかけ、松の実を散らす。



材料(4人分)
豚バラ肉ブロック 200~300㌘
キュウリ 1本
長ネギ・ショウガ・
紹興酒 少々
松の実 少々
【たれ】
薬膳汁 レンゲ2
しょうゆ レンゲ2
ニンニク 少々
ラー油 少々
【薬膳汁】
しょうゆ 500㌘
酒 250㌘
砂糖 500㌘
桂皮(けいひ) 少々
八角(はっかく) 2片
オレンジ皮 1/2個
長ネギ 1/3本
ショウガ 1片
キキョウ 10㌘

食品とその薬効
ホウレンソウ…整胃腸、便通促進、補血
長ネギ…肥厚性鼻炎、風邪
タマネギ…不眠症、精力増進
ニンジン…のぼせ低下、がん、疲労回復
キュウリ…浄血、利尿、火傷
トマ…ト 脂肪タンパク質の消化
セロリ…精力増進
ミョウガ…健胃
ニラ…止血、鼻血止め、腸の異物排出
ニンニク…がん細胞破壊、殺菌、水虫
ショウガ…健胃、発汗
山椒(さんしょ)…健胃、駆虫

梅干し…疲労回復、殺菌
シイタケ…コレステロール低下、制がん
ウニ…冷え症
シジミ…肝臓病
シソの葉…止血、食中毒、風邪、食欲増進
コンブ…血圧降下
みそ…消化促進、たばこのヤニとり
酢…疲労回復、肩こり
黒豆…せき止め、美声


インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る