夢があるから踊ってこられた

2014/8/25
このエントリーをはてなブックマークに追加

福田真由美さん(60)

MFジャズバレエカンパニィ主宰・ダンサー

   宇都宮市在住のダンサー福田真由美さんは、6歳からモダンバレエを始め、日本女子体育短大、江口隆哉(えぐち・たかや)モダンダンス研究室で学びました。現在は、「TOKYOZA(トウキョウザ)ダンスカンパニィ」メンバーとして活躍するほか、県内4カ所の教室でモダンジャズバレエや健康体操を教えています。50年近く続けてきたダンスの魅力と今後の夢、いつまでも健康で若々しくあるための秘訣をうかがいました。

  ダンスは、自分の思いや考えを自分自身の体で表現することができ、人にとって大切な、バランスの取れた軸のある心身をつくることができます。若い頃は痩せて美しく踊ることが目標でしたから、食にはあまり興味がありませんでしたが、50歳を過ぎた頃に筋肉の変化を感じ、食の大切さや体のケアの必要性に気付きました。長く踊っていくため、朝はベッドの中で5分程度下半身のストレッチを行い、その後ミネラルウオーターを250㍉㍑飲みます。食事は野菜やタンパク質、フルーツを多く摂るようにし、腹八分目を心掛けています。また、寝る前に足指マッサージと全身のストレッチも欠かしません。


 「まぁいいや、この年齢だから」と思って過ごしていたら、今頃つえをついていたかもしれません。目標や夢を持ち続け、仲間にも恵まれていたからこそ、今も元気に踊っていられるのだと思います。好きなことであれば、どんなに辛くても続けられるはず。そういう気持ちを持ち続けることが、いつまでも元気でいるための秘訣かもしれませんね。


インフォメーション
お問い合わせ

下野新聞社営業局

〒320-8686 宇都宮市昭和1-8-11

  • アスポ編集室
    電話:028-625-1241
    aspo@shimotsuke.co.jp
  • 営業部
    電話:028-625-1133
アスポとは

「Aspo」は下野新聞社が発行する生活情報紙です。「明日をポジティブに」との思いを込めてアスポと名付けました。下野新聞と一緒に県内約31万世帯にお届けしています。

  • Aspo毎週水曜発行

    「Aspo」は毎週水曜日発行。リポーター、エディターとも全員女性。ホットな話題や暮らしに役立つ情報、グルメ、ファッション、イベンントなどを女性の視点から発信しています。

  • Aspo健康特集

    「Aspo健康特集」は、県医師会や県などの協力の下、みなさんの健康的で充実した社会生活への指針となる情報を提供しています。年4回発行。

広告掲載のご案内
ページの先頭へ戻る