2020年に全国の児童相談所が虐待(*1)として対応した件数が20万件を超え、過去最多(*2)となりました。栃木県においても2020年度、県内の児童相談所と市町の児童虐待相談対応件数は、3,334件(*3)にのぼります。最多を更新した前年度からは176件減りましたが、コロナ禍で虐待は潜在化していることが懸念されます。下野新聞は、子どもたちが無条件で人と地域に愛される栃木県を目指し、賛同企業・団体のご協力のもと、新聞紙面を通じた呼びかけ、啓発イベントの実施など児童虐待ゼロに向けた活動を推進していきます。*1 児童虐待は、身体的・性的・心理的虐待、ネグレクト(養育放棄・養育怠慢)の4つに分類されます *2厚生労働省調べ *3 県保健福祉部2021年7月発表 
アーカイブ
子どもはママとパパの笑顔が大好きだ

記事を読む

子どもには心から信頼できる大人が必要

記事を読む

オレンジリボン=子育て応援のシンボル

記事を読む

虐待ゼロへ いのちにハグを。

>記事を読む

協力
~いのちにハグを。に賛同します~
医療法人くろさきこどもクリニック、みふみ認定こども園、学校法人 真照寺学園 認定こども園くにや幼稚園、輪王寺附属日光幼稚園、認定こども園 西那須野幼稚園、学校法人ペスタロッチ学院 太陽幼稚園、認定こども園 栃木幼稚園、認定こども園若葉幼稚園、認定こども園 愛泉幼稚園、認定こども園 ふたば幼稚園、八幡台認定こども園、学校法人壬生学園 おもちゃのまち幼稚園、学校法人 妙音寺学園認定こども園 育成館幼稚園、学校法人やまざき学園 認定こども園 釜井台幼稚園、認定こども園 まこと幼稚園、学校法人むつみ学園 認定こども園むつみこども園、認定こども園 アルス幼稚園、認定こども園 マロニエ幼稚園、認定こども園 たから幼稚園、学校法人 沼田学園 恵光幼稚園、学校法人いのせ学園やしお幼稚園、うつのみやこども園 石川幼稚園、認定こども園 黒磯幼稚園、学校法人 鹿沼幼稚園、学校法人 木嶋学園みゆき幼稚園〈順不同〉
いのちにハグを。サポーター
カンガルーOYAMA 会長 大久保幸子、立正大学 副学長/教授 大竹智、子ども虐待防止ネットワークとちぎ 代表 福田雅章、日本社会事業大学 学長室 社会福祉研修センター・客員准教授 土屋佳子、栃木フォスタリングセンター 代表理事 畠山憲夫、歌う海賊団ッ!〈順不同〉
企画監修
栃木県、栃木県警察本部
スポンサー