prologue特集「とちぎ森づくり通信」について

とちぎで元気な森づくり

 日本は国土の約7割を森に覆われています。おいしくて安全な水を享受できるのも、この森のおかげです。日本人はそんな森に親しみ、森とともに文化をつくり、木材から食べ物まで森の恵みを生活の糧にしてきました。しかし、経済発展を遂げた20世紀に、私たちは森林環境の保全にあまり熱心ではありませんでした。「環境の世紀」と言われる21世紀。私たち日本人の本来の文化、生活を振り返ってみることが、エコにつながるのではないでしょうか。豊かな自然が残る栃木県の森、自分の住んでいる街の身近な森を持つ見詰め直してみましょう。

ページの先頭へ戻る