JAグループ栃木
栃木信用金庫
グランディハウス
 

大会記録

大会記録
第10回小学生駅伝競走大会 記録

大会概要

■コース

栃木県庁~栃木市総合運動公園陸上競技場
総距離:10区間 60.02km




中学生
女子
2.70
km
栃木県庁

栃木県立中央公園・博物館


男子
(高校・一般)
5.76
km
栃木県立中央公園・博物館

栃木県子ども総合科学館


男子
(高校・一般)
8.13
km
栃木県子ども総合科学館

壬生町総合運動場


中学生
男子
3.00
km
壬生町総合運動場

壬生西高野歩道橋


男子
(高校・一般)
10.42
km
壬生西高野歩道橋

栃木市総合運動公園



男子
(高校・一般)
10.42
km
栃木市総合運動公園

壬生西高野歩道橋


女子
(中学生以上)
3.00
km
壬生西高野歩道橋

壬生町総合運動場


男子
(高校・一般)
8.13
km
壬生町総合運動場

栃木県子ども総合科学館


男子
(高校・一般)
5.76
km
栃木県子ども総合科学館

栃木県立中央公園・博物館

10
中学生
男子
2.70
km
栃木県立中央公園・博物館

栃木県庁

■スケジュール

開会式 9:15 栃木県庁・本館ロビー

往路スタート 10:00 栃木県庁
第1区→第2区 10:09 頃 栃木県立中央公園・博物館
第2区→第3区 10:26 頃 栃木県子ども総合科学館
第3区→第4区 10:50 頃 壬生町総合運動場
第4区→第5区 10:59 頃 壬生西高野歩道橋
往路ゴール 11:30 頃 栃木市総合運動公園

復路スタート 12:30 栃木市総合運動公園
第6区→第7区 13:00 頃 壬生西高野歩道橋
第7区→第8区 13:10 頃 壬生町総合運動場
第8区→第9区 13:34 頃 栃木県子ども総合科学館
第9区→第10区 13:51 頃 栃木県立中央公園・博物館
復路ゴール 14:00 頃 栃木県庁
閉会式 15:00 栃木県庁・本館ロビー

大会の歴史

 

 

 第1回大会は1960年2月。宇都宮市二荒山神社から日光二荒山神社中宮祠までの10区間に宇都宮、足利、栃木、佐野、鹿沼、日光、今市(当時)の7市、上都賀、那須、安蘇の3郡の10チームによって競われました。

 つづら折りのいろは坂を駆け上る山登りも注目された大会最長の104キロに及ぶ戦いは第3回大会まで続きました。第2回大会の復路(日光二荒山神社中宮祠前)は、積雪の中で選手が一斉にスタート。第5回大会からは現在と同じ県庁スタートとなりました。

 杉並木の間を縫う日光街道をメーンに宇都宮-日光間を舞台に開催されてきましたが、第42回大会は降雪、積雪による悪天候のため大会初の中止。第33回、36回大会は積雪により、コースが短縮されました。

 交通や天候問題などによる選手の安全性を考慮し、第45回大会を最後に宇都宮-日光間から、現在の宇都宮-栃木間を往復するコースに変更。大会の愛称も「すぎなみふるさと駅伝」から「夢ふる とちぎ路駅伝」に衣替えしました。