宇都宮スマートシティ実証実験

 

 宇都宮市における
観光ホスピタリティ向上に向けた実証実験を実施

Uスマート推進協議会の構成団体である、宇都宮市、日本電気株式会社(以下NEC)、株式会社下野新聞社(以下下野新聞社)は、宇都宮市市街地の活性化に向けた実証実験を開始しました。実証実験では、コミュニケーションアプリ「LINE」上に構築した「コレメッケ宇都宮」とNECのイベントDXサービス「FORESTIS(フォレスティス)」(注1)を連携し、宇都宮市への来訪者の状況に応じた会話型の観光案内(チャットbot)やプッシュ通知からのコンテンツ配信を行い、来訪者の市街地における回遊促進効果と新生活様式を想定したホスピタリティの向上効果を検証します。

Uスマート推進協議会
(NEC、下野新聞社、宇都宮市)

実証実験期間
2021年11月25日~2022年2月16日

 
 

「コレメッケ宇都宮」

 
 

コレメッケでできること 

 
1.チャットbot
お店や観光スポットを紹介

チャットbotが来訪者と会話しながら、来訪回数や人数、交通手段などを確認します。チャットbotは、来訪者の状況に合わせて、地元メディア企業がおすすめする店舗や観光スポットなどの観光情報を紹介します。なお、本機能の実現は日本初(注2)です。
(2021年11月25日現在で40施設以上の情報を掲載。順次、施設数を拡大していく予定)

2.時間や場所に応じて
プッシュ通知でレコメンド

来訪者の 現在地や来訪者が訪れた店舗・観光スポットの情報をもとに、WEBキーワード検索では得られないイベント開催などのリアルタイム性の高い地域密着型の情報など、その近くのスポット情報をプッシュ通知で紹介します。

3.ゲーム感覚で街めぐり
スタンプラリーで回遊促進

ゲーム感覚で観光スポットなどを巡るデジタルスタンプラリーを開催します。スタンプを貯めた応募者に抽選で プレゼントを進呈します。
2021年11月25日現在で20施設がスタンプラリースポットとして登録。順次、スポット数を拡大していく予定)

<ホスピタリティ>

4.スマートに順番待ち
整理券発行・呼び出し

LINEをを活用して店舗の入場整理券を発行します。これまで店舗での受付が必要だった入場整理券の発行が、店舗に行かずに(注3)発行できるようになります。また、入場整理券発行後の順番待ちの状況は、LINEでお知らせします。
(2021年 12月前半から宇都宮餃子会が運営する店舗「来らっせ」で開始予定)

 

(注1)NECのイベントDXサービス「FORESTIS(フォレスティス)」
https://jpn.nec.com/FORESTIS/index.html

(注2)チャットbotが会話を交わしながら、相手の状況に応じて地元メディア企業のおすすめ観光情報などを提供する機能は日本初。NEC調べ(2021年10月時点)

(注3)JR宇都宮駅など、来らっせの周辺(半径約3キロメートル以内)に到着した時点で整理券のエントリーが可能となります。