栃木を釣る 日光の湖から近場の管理釣り場まで

大木 孝威 監修 下野新聞社 編集
21.6 x 27.5 cm・並製・160頁・オールカラー
定価2,200(本体2,000円+税10%)
22/03
ISBN978-4-88286-819-4


栃木県にはルアー・フライフィッシングのフィールドが数多くある。

日本におけるゲームフィッシング発祥の地とされる奥日光は、
国内唯一のレイクトラウト生息地であり、
美しい景色の中で多彩な釣りが楽しめる中禅寺湖をはじめ、
湯川、湯ノ湖など釣り人であれば
一度は行ってみたいフィールド群となっている。

さらには、「トラウト王国」の名を不動のものにしている
管理釣り場群、新しい釣り場形態のキャッチ&リリース(C&R)区間など、
栃木県は全国のルアー・フライアングラーを
惹きつけてやまないフィールドの宝庫と言える。

「栃木を釣る 日光の湖から近場の管理釣り場まで」は、
近年、特に人気が高まっている中禅寺湖フィッシングの
魅力やポイントを、ベテランアングラーの詳細なルポルタージュと
豊富な写真で伝える大特集のほか、栃木県内の
管理釣り場、C&R区間の最新情報や釣果を上げるための
ポイント解説など、釣りを始めたばかりの入門者から
中級、上級者まで楽しめる決定版となっている。