世界を見るための38講

世界を見るための38講
38Lessons For Engaging The World

宇都宮大学国際学部 編
本体1,000円+税
新書判・並製・214頁
14/11
ISBN978-4-88286-564-3


「世界を見る」とはどういうことか?

どこからどのように見れば、この世界の複雑さをつかまえることができるのか?
—多様な分野の専門家たちが送る「38講」はその答えを見つけるための「窓」である。

国際関係、アジア、文化、多言語、足元の地域、遠方の地域、学問の方法、という七つの切り口で宇都宮大学国際学部が説く。

複雑で多様で繊細、そしてますます混迷を深める世界を、自分の目で見るための38講。


    【目 次】

一章
   第1講   戦争と平和に関わる学問とその社会的責任
   第2講   無くては困るが、ありすぎても困るもの
   第3講   国連人権理事会の光と影
   第4講   東アジアの危機を読む
   第5講   文化の概念と文化相対主義−ミクロネシアのサンゴ環礁の経験から
   コラム   HANDSプロジェクト
  
二章
   第6講   日韓相互理解のやさしさと難しさ
   第7講   反日感情を変えた「文学」
   第8講   日中両国のインターネット事情と異文化理解
   第9講   台湾という場を知るということ
   第10講  農民が語る「個人史」から中国現代史を読み解く
   第11講  日本とタイ、住民組織の比較−町内会と地域委員会
   コラム   福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト