あの日 鹿沼児童6人クレーン車死亡事故 遺族の想い

あの日 鹿沼児童6人クレーン車死亡事故 遺族の想い

伊原 高弘 著
定価:本体1,500円+税
四六判・並製・336頁
14/02
ISBN978-4-88286-533-9



2011年4月18日、栃木県鹿沼市で起きた
クレーン車による児童6人の死亡事故。

著者は亡くなった児童の一人である
伊原大芽君の父、伊原高弘さん。

遺族と呼ばれるようになったその日から
法改正に至るまでの日々を、
我が子への思いとともにつづった。
 
事故の悲惨さや悲しさ、辛さ、理不尽な事故の現状や
警察からの二次被害、裁判でのやり取りなど、
新聞報道等では伝えきれなかった様々な出来事や想い。

20万人を超す署名活動、そして、何よりも命の大切さを伝える。


   【目 次】

1 突然の別れ
      あの日
      事故現場へ
      たった一人で逝かせてしまったこと
      見たこともない形相・・・・・・
      子どもを亡くした親の気持ちとは
      せめて、天国へ送ってあげなければ
      今日、そして今ある幸せは
      お別れまでに家族がする事とは
      何故我が子の通夜、葬儀をやらなければならなかったのか
      逆縁という言葉がある ~親より先に子どもが死ぬこと~
     
2 葬儀から起訴、初公判までに起こった事
      真実や経験を伝えるということ
      報道とは・・・・・・記者とは・・・・・・
      手紙
      何故、勤務先への謝罪が先なのか
      6家族
      起訴
      刑法改正・運転免許制度改正への想い
      警察への不信感・・・・・・消えない心の傷
      被害者遺族の弁護士は・・・・・・
      供述調書に込める想い・・・・・・
      裁判間近の空虚な謝罪
      謝罪をしたことで、自分だけ楽にならないでほしい
      裁判前に加害者側の供述調書を読んでおくことの必要性

3 刑事裁判、判決、署名活動、法改正までの歩み blog
      FC EARLY BIRDS 10
      「今まで支えてくれた皆さまへ」
      大芽のいない大芽の誕生日
      S被告初公判【平成23年9月28日(水)】
      シュート
      S被告第2回公判を終えて
      S被告第3回公判【平成23年11月15日(火)】
      被害者意見陳述【平成23年11月22日(火)】
      判決
      感謝
      サンタさんの贈り物
      署名人数が10,000人を突破しました
      第4回署名活動「宇都宮市内ショッピングモール」
      民事訴訟意見陳述【平成24年2月1日(水)】
      署名人数が41,000人を突破しました
      第5回署名活動「道の駅思川」
      ひとつ
      たくさんの方々の支えの中で・・・・・・
      3・11 悠介ドリームズメモリアルゲーム
      卒業式「卒業生お別れの言葉」
      第7回署名活動「群馬県太田市内ショッピングモール」
      署名人数が10万人を突破しました!
      【国への請願】最終署名数
      全ての人に感謝・・・・・・
      てんかんの自己申告の件数を知ることができました
      警察庁主催の有識者検討会にて
      大芽くんがきっと導いてくれます・・・・・・
      第2回目署名提出(最終) 平成24年8月22日(水)
      「準危険運転致死傷罪」創設検討について
      大芽のいない大芽の誕生日・・・・・・11歳
      10月26日(金) 【法制審議会】遺族ヒアリング
      被害者支援センターとちぎ巡回パネル展
      11月21日(水) 第5回民事裁判
      単独事故で被害者がいなければいいのか・・・・・・てんかん無申告運転の現状、法の不備
      アメリカ銃乱射事件オバマ大統領会見について
      新年
      平成25年1月23日(水) 第6回民事裁判
      歩道は安全になったのか
      桜
      「事故原因の本質」に目を向けるため、やるべき最後のこと
      6人の子どもたちが残したもの
      平成25年4月24日(水) 民事裁判判決
      民事裁判判決の意味するもの
      大芽に逢いたい・・・・・・
      道路交通法改正法案成立について
      平成25年6月21日(金) 衆議院法務委員会参考人として意見陳述をしました
      あの夏・・・・・・
      大芽のいない大芽の誕生日・・・・・・12歳
      危険運転致死傷罪新法成立について

4 遺族の願い
      事故原因の本質に目を向けてほしい
          ~6人が命をもって訴えたこと~
      関係者からの二次被害を無くしてほしい
          ~警察は守ってくれる人であってほしい~
      命の尊さを知ってほしい
          ~身勝手な考え方で他人の命を奪う事があってはならない~
      身勝手な謝罪や考え方で、自分だけ楽にならないでほしい
          ~心からの謝罪、償いとは~
      法改正の他に、悲惨な事故防止のためにやれることはあるか
          ~法務委員会での今井雅人衆議院議員からの質問を受けて~
      生きていてこそ
          ~法務委員会での椎名毅衆議院議員からの質問を受けて~
     

 

■変更のお知らせ
本文中(131P・336Pほか)に記載されているブログ
「FC EARLY BIRDS 10」は、
URLとタイトルが以下のように変更になりました。

「あの日 鹿沼児童6人クレーン車死亡事故 遺族の想い」
http://blog.goo.ne.jp/taiga-love-forever

内容は変わりありません。
現在もブログは継続しています。本とあわせてご覧ください。