ルポ・発達障害 あなたの隣に

ルポ・発達障害  あなたの隣に

下野新聞編集局 取材班 著
本体1,000円+税
新書判・並製・200頁
12/07
ISBN978-4-88286-495-0 C0295


「生まれつき?それとも育て方?」

先天的な脳機能障害とされる「発達障害」。
実態はどうなのか?対応は?徹底した取材と多角的な報道で連載中から大きな反響をよんだ話題のルポルタージュを待望の書籍化。

「科学ジャーナリスト賞2012」大賞受賞

最近よく耳にする言葉「発達障害」。知的障害の無い脳機能障害の総称だ。
学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)などを含む発達障害とは何なのか。

2005年度に発達障害者支援法が施行され、07年度には特別支援教育も始まった。
しかし教育や雇用の現場で直面する問題や思いは実に様々だ。

東日本大震災をはさみ、半年にわたって新聞掲載された長期連載。
発達障害の問題に真正面から立ち向かい、科学技術に関して
優れた報道をしたとして2012年の「科学ジャーナリスト大賞」
(日本科学技術ジャーナリスト会議主催)を受賞した。

家庭、教育、社会、それぞれの現場で誰もが直面する可能性のある
「発達障害」の現状を広く知ってほしいと切に願う。


   【目 次】

発達障害とは

第1部  凸凹の世界
   小4・奥木優君  (上) リンゴの絵は「白い円」
                         (中) 母の告白、友達が理解
                         (下) 将来の光 ともに探す
   中2・福森匠大君  (上) 「本業はプログラマー」
                            (下) 集団行動にストレス
   高3・柳川隼人君  (上) 高1の遠足で迷子に
                            (下) 自然なサポートで適応
   短大1年・真帆さん   性格?それとも育て方?
   大卒・井端桂太郎さん   つまずき感じた就活

第2部  手探りの教室
   「できない」どこまで受容
   合唱時間は花笠作り
   支援策 保護者と共有
   就学指導で掛け違い
   「できた」を大事に
   一日の大半  通級指導
   鍵握るコーディネーター
   「垣根」低く  学び多様に

第3部  自立への道
   親元離れ山陰の大学へ
   見えにくい本人の心
   特技で自信  就労に意欲
   夢実現へ職場実習
   「普通に見える」が重圧
   仕事続かず酒と賭け事
   46歳、かけ算に苦戦
   特性認め積極雇用
   ネット上は人気ブロガー
   「苦手」生かし教材工夫

関連企画  震災の中で
   落ち着き戻す車の10分
   関心  倒れたプラモデル
   那須に転入、元気に登校
   <番外編>明日を生きる

関連記事・関連特集
   下野新聞社と宇都宮大教育部によるアンケートより
      教育現場 (学校) の7割「発達障害児増加」
      支援阻む「見えにくさ」
   日本学生支援機構10年度調査
      発達障害学生5年で8倍
      医療編(上) 障害はなぜ起きるのか
                (下) 「見えない障害」を見る
      二つの提言

「あなたの中にも」  栃木県教育研究所   相談員   山岡祥子
真の支援に向けて  宇都宮大教育学部教授   梅永雄二
障害を理解する  白鷗大教育学部教授  仁平義明

連載を終えて