奇跡の樹 よみがえった大フジのおはなし

奇跡の樹 よみがえった大フジのおはなし

奇跡の樹 よみがえった大フジのおはなし

葉祥明 絵・文
塚本こなみ(あしかがフラワーパーク園長)原作
本体1,300円+税
02/03
ISBN978-4-88286-157-7
  
品切れ

植物、動物、昆虫、人間。姿かたちは違っていても、それぞれを生かしているものはいのち。
私たちの故郷に、こんなにも感動的な物語があることを多くの人に知ってもらいたいから。

あしかがフラワーパークの「大藤の引越し」を通し、すべての命の大切さを絵本作家・葉祥明が描く。
---------------------------------------------------------------------------
「奇跡の樹」はあしかがフラワーパーク移転に伴う大藤の移植を行った実話をもとに作られたお話です。
足利市の朝倉町から迫間町に移転が決定した際に、あしかがフラワーパークのシンボルともいえる大藤の移植は不可能と言われていました。
しかし、樹木医で現園長の塚本こなみさんをはじめとする多くの方のお力により見事に移植に成功、毎年美しく花を咲かせています。
この絵本にはもの言わぬ植物にも植物の周りで生きる昆虫も私たち人間の命も同じように大切なものであるというメッセージが込められています。