ハヤブサ日記

日光自然博物館 編著
本体1,200円+税
B6判・並製
06/08
ISBN4-88286-306-5

年間100万人もの観光客が訪れる日光・華厳の滝。そのすぐ脇にひっそりと作られたハヤブサの巣にはかわいい4つの卵が!
博物館の自然観察員は、雨の日も風の日も早朝の観爆台に立ちハヤブサの親子を観察し続けました。卵が孵化し、白いフワフワな毛に被われたヒナがだんだんと成長し、やがて巣立つ日までを綴った温かな文章、望遠レンズを使用して撮影した写真から窺える親鳥の愛情。人間の親子にも通じる絆や子育て法が見えるような気がします。

【詳細情報】

4月15日(金) 晴れ

今朝も冷え込んだ華厳滝。
交代して抱卵をはじめたメスが、また巣の周りをつつき始めました。

----------------------------------------------------------------
5月2日(月)

ついに生まれた!
…戻ってきたメスが巣に近づいた時です。
草の陰で小さい白いものがピヨピヨしているではありませんか!!
まぎれもなくヒナです。

----------------------------------------------------------------
5月28日(土)晴れ

お美しいお母様
日光でよく見ることのできる「シロヤシオ」の解説もあります。

----------------------------------------------------------------
○巻末には「調査の記録」も収録。