下野おくのほそ道

下野おくのほそ道

新井敦史 著
本体1,500円+税
四六判/並製/190頁
15/06
ISBN978-4-88286-589-6



下野新聞「県北・日光版」に1年間連載し、好評を博した特別寄稿「下野おくのほそ道」に、新たに多くの資料・写真を加え、新コラムも追加して待望の書籍化!

最高傑作「おくのほそ道」に結実する旅の資料を丹念にひもとき、特に22日間にわたって逗留した下野国内での様子を詳細に記述。県内に数多く残る「芭蕉句碑」も紹介し、名句の数々に迫る。

著者は大田原市黒羽芭蕉の館の学芸員である新井敦史氏。


    【目 次】

第1章  芭蕉の生涯
   名句との旅へ    わが家で新春俳句没頭
   誕生・武家奉公    俳諧相手役に召し抱え
   江戸へ出る    新興の町に運命賭ける
   江戸俳壇の名士    入門者集めた酒脱さ
   三十七歳、人生の転機    「侘び」実践へ  深川退隠
   仏頂和尚に参禅    漢詩的表現の可能性追求
   旅の人生    草庵生活から覚悟の出立
   「おくのほそ道」の旅    無常に生きる尊さを実感
   不易流行    流転の中の永劫思う
   上方漂泊    「猿蓑」書名由来の発句
   「軽み」の俳諧    日常の風物に詩情探る
   最後の旅へ    旅を住処に生きた証し
    ●コラム  芭蕉の里くろばね

第2章  「おくのほそ道」の旅  下野路

   旅の初日    「旅立ちの時」惜別句
   室の八島    和歌の伝統踏まえ詠む
   鹿沼宿泊    芭蕉の宿泊先に諸説
   日光東照宮拝観    推敲を重ね掲載句に
   裏見の滝・含満ガ淵    出発点の自分をイメージ
   那須野    少女との出会い清々しく
   黒羽長期滞在    浄法寺邸の居心地良く
   雲巌寺    仏頂和尚への尊敬の念
    ●補論  「おくのほそ道」雲巌寺の章に見える「若き人多く」の解釈について
   修験光明寺    第二の出発点  黒羽を意識
   那須の篠原    篠竹茂る原野へ足延ばす
   玉藻の前の古墳・犬追物の跡    桃雪には及ばぬ「芭蕉」
   八幡宮    殺戮の世、非業の死連想
   歌仙興行    長期滞在支えた蕉門俳壇
   黒羽出立    能動的な表現に斬新さ
   高久家宿泊    高い声が、高い空から
   那須湯本    旅の無事祈り京も思う
   殺生石    荒涼とした風景捉える
   遊行柳    「植て」に魅力ある説も
    ●コラム  国指定名勝「おくのほそ道の風景地」
    ●コラム  奥の細道サミット

第3章  「おくのほそ道」の旅  東北・北陸路
   白河越え  奥州路で経験した最初の風流
   福島県域を北上    笈と太刀、義経主従の面影
   宮城県域を北上    「昔の姿失はず」に感激
   松島    絶景に圧倒され発句を載せず
   平泉    永遠なるもの  思い込め
   立石寺    際立つ静粛さ見事に表現
   最上川・出羽三山    急流実感、発句の推敲に
   象潟    憂愁の景色をたたえる
   越後路    雄大な眺望に漂う旅愁
   越中路・金沢    「万葉集」を思慕する旅
   曾良との別れ    悲しみに耐え旅の続行決意
   那谷寺~汐越の松    奇石累々  美景厳かに
   越前路    侘と風狂の色調
   大垣    再び旅立つ惜別の情
    ●コラム  「おくのほそ道」諸本

第4章  栃木県内の芭蕉句碑を訪ねて
   県南地区の芭蕉句碑①    見た事実十七音で示す
   県南地区の芭蕉句碑②    名高い蕉風開眼の句
   県南地区の芭蕉句碑③    「古今和歌集」を踏まえて
   県央地区の芭蕉句碑①    「軽み」を具現する発句
   県央地区の芭蕉句碑②    想像すると思わず笑み

   県北地区の芭蕉句碑    俳人の風格  山に準える