碧い眼に映った日光 外国人の日光発見

碧い眼に映った日光 外国人の日光発見
井戸桂子 著
本体1,500円+税
A5判・並製・158頁・オールカラー
15/02
ISBN978-4-88286-560-5

明治維新(1868年)直後。徳川の聖地だったゆえに庇護を失い、廃仏毀釈などでひっ迫していた日光。

その中、日光の価値に気づいたのは外交官や
旅行者などの碧い眼の外国人であった。

日光の魅力を彼らと共に辿る一冊。



   【目 次】

プロローグ
      「日光の宝石」
      「魂のコンサート」
      「私は伝えることが全然できない」
      「ここでの滞在は非常に心地よい」
      「箱根の湖よりもずっとうつくしい」
      「実に美しく、平和そのもの。コモ湖の風景が浮かんできた」

第1章  日光と外国人
              異人の東照宮参拝
              旅行免状と英文ガイドブックを持って
              宿泊施設と交通の整備
              皇室と日本の要人の来晃
              中禅寺湖畔へお引越し

第2章  登場人物紹介
              1.アーネスト・サトウ
              2.エミール・ギメ
              3.エドワード・モース
              4.イザベラ・バード
              5.ピエール・ロチ
              6.ヘンリー・アダムズ
                    ジョン・ラファージ
              7.メアリー・ダヌタン
              8.ポール・クローデル

第3章  杉並木  そして  神橋
              日光杉並木
              神橋

第4章  東照宮
              はじめに
              上へ上へ  ますます美しく
              石鳥居と五重塔
              表門(仁王門)  神厩  御水屋
              銅の鳥居  オランダ灯籠  そして陽明門へ
              廻廊と陽明門
              最後の空間  ~神楽殿  唐門と透き塀(玉垣) ~
              御本社  1  拝殿と将軍着座の間
              御本社  2  金色の描写
              御本社  3  本殿  何もないことを知る
              眠り猫  石段  家康の墓へ

第5章  輪王寺  ~大猷院  常行堂  三仏堂
              輪王寺  ~東照宮と比して~
              大猷院へ  門・階段
              大猷院  1  拝殿・相の間・本殿
              大猷院  2  外からの本殿  皇嘉門
              常行堂  ~ギメの勤行参加と 思いがけないプレゼント~
              本堂(三仏堂)  1  ~解体移築の目撃者~
              本堂  2  ~移築後の御堂の中に  三体の仏様~

第6章  日光聖山  ~全体の印象
              「日本のメッカ」  ~ロチの評価~
              「ヴェルサイユも大したショウではない」  ~アダムズの手紙~
              「森の中の黄金の櫃」  ~クローデルの詩~
              維持管理に眼を見張る

第7章  滞在先
              輪王寺  ~本坊と塔頭~
              鈴木ホテル  日光ホテル
              金谷カッテージ・イン、そして金谷ホテルへ

第8章  中禅寺坂
              そもそも・・・
              徒歩と駕籠で  ~「絶壁に沿った、なかなか登れない坂道」~
              「駄馬で実験的に」「垂直に近い道を」  ~バードとアダムズ~
              時に人力車で快適に、時に奔流の川床と化した道を歩き
              ~ダヌタン夫人の日記から~

第9章  中禅寺湖  1  湖をめぐって
              うつくしい湖  ~全員が魅了される~
              修験者と茶屋
              ひと泳ぎ  ~アダムズとクローデル~
              ヨットレース  ~ダヌタン夫人の証言~

第10章  中禅寺湖  2  別荘物語
              「全員を誘って、うちでお茶」  ~サトウの別荘~
              「日本家屋をとても気に入った」  ~ダヌタン夫妻~
              「生活は麗しく、パリのことなど忘れてしまう」  ~クローデル~

エピローグ
      登場人物のその後

いろはコラム
              ①日光の歴史  3つのキー
              ②四本龍寺と本宮神社
              ③交通の発達
              ④金谷ホテルのゲストブック
              ⑤険しい中禅寺坂  徒歩から人力車、そして自動車で
              ⑥「つづら折り」はいま、「ヘアピンカーブ」に
              ⑦「Chuzenji」を目指して
              ⑧国際社交場「西六番」の栄衰