笑顔の花を咲かせたい

笑顔の花を咲かせたい

日木 更 著
A5判・並製・112頁・オールカラー
1200円+税
18/02
ISBN978-4-88286-674-9

浮かぶままに絵を描き、その絵を見ながら降りてくる言葉や情景などをもとに詩を書いています。

それは、どこから降りてくるのでしょう。いつも励まし、かたくなさを解きほぐし、素直な気持ちに戻してくれて、皆とつながることの喜びを伝えてくれます。私には、目に見えない広い世界からやってくる叡智のようにも思えるのです。

自分の心の中にある小さな思いや、心の片隅に突然訪れるひらめきなどに気づいていますか。それとも、そんなことは気にしませんか。

気づくことは自分への思いやりであり、自分を大切にするということだと感じています。自分を大切にすることができれば、自分以外の多くの人の中にも、自分と同じような小さな思いがあるのだということにも気づくことができます。そして多くの人の喜びや悲しみなどにも思いを馳せることができます。

どんどん世界が広がっていきます。私たちを本来の私たちへと導いていってくれるのではないかと思っています。

今まで描いてきたものを、こうして皆さまに見ていただけることになり嬉しく思います。

見えないものを大切に
おしゃべりよりも沈黙を
宇宙(こころ)があなたに語りかける

(あとがきより)

日木 更(ひき・さら)
2002年から詩とイラストの制作をはじめる。
こころの声によりそい、浮かぶままに表現する。
栃木県在住。