想像が形になる喜び
デザインで新たな挑戦を

 

現在の仕事

 新聞記事を分かりやすくするためのグラフや地図、図解、イラストなどのパーツ制作を主に担当しています。その他にも新聞広告、イベントや講演会のチラシ・ポスター、本の装丁、会社の封筒や名刺など社内のデザイン業務全般に携わっています。

 下野新聞社のキャラクター「どっとこちゃん」はご存じでしょうか。彼女のデザインも私が手掛けています。

 普段制作しているものは、新聞で言う1段(高さ40ミリ)~2段(高さ83ミリ)の小さなものが多いですが、特集面ではレイアウトを含め、記事以外の全てを担当することもあります。

働く上でのやりがい

 記者や広告の担当者とやりとりをしながら、想像でしかなかったものが形になっていく過程にワクワクします。完成したものを見た読者から反応をいただくことは、働く上で大きなエネルギーとなります。

 さまざまなジャンルのデザインに関わっていますが、意外と地味な仕事が重要だと思っています。大きな仕事は誰もが力を入れて頑張ります。しかし大半の人が事務的にこなしてしまうような仕事も一生懸命に取り組むと、思いがけず評価してもらえたり、他の仕事へ波及したりします。細かい部分を妥協しないことがデザインの基本なのだろうと実感させられます。

 

今後の目標

 最近はデザインソフトの進化やフリー素材も豊富になり、以前より簡単に作業ができるようになりました。しかしそれらに頼り切らず、いっぱい悩んで考えて下野新聞オリジナルのデザインを提供していきたいです。創刊140周年を迎える会社の歴史とこれからの挑戦を、デザインを介して多くの媒体へ反映していけたらと思います。

 なかなか知名度の上がらない「どっとこちゃん」を育てていくことも、目標の一つです(笑)

学生へひと言

 私の就職活動は苦戦続きでした。そんな中、たまたま知人に勧められて受験し、内定を得たのが下野新聞社です。入社してからも「人」に恵まれました。職場に育ててもらい、今も助けてもらいながら、満足して働けています!

 就職活動中、たくさんの方と出会うと思います。その一つ一つの出会いと言葉を大切にしてみてください。

ある日の私の一日

07:30 起床
10:00 出社
(メールチェック、前日までの仕事の修正)
11:00 編集関係のグラフ・地図・図解などのパーツや広告などの制作
12:00 昼食
13:00 大型・長期のグラフィック物の制作
15:00 編集関係の制作依頼が集中
17:00 広告の修正依頼が集中
18:00 大型・長期のグラフィック物の制作
20:00 退社
20:30 スーパーでお買い物、夕食、習い事、テレビ、PCゲームなど
24:00 就寝