インタビューの続きは動画でご覧いただけます!
 

Q1. 東京2020 オリンピックを振り返って

 

レースだけを振り返るなら自分自身の実力を100%発揮できず悔しい部分は残りました。しかし、今回のオリンピックに向けて4年間、これ以上無いくらい練習を積み重ねることができたことは、貴重な経験になりました。自分自身を大きく成長させることができたんじゃないかと思っています。

Q2.自転車に乗る上で気をつけていること

 

自転車は人が歩いたり走ったりするスピードよりも確実に早いスピードで移動できる乗り物です。走行中は自動車に接触しないように気を配ったり、歩行者がいるような道路では自分が自動車を運転しているような気持ちで歩行者に恐怖感を与えないように走ったり、安全運転を心掛けています。

もちろん誰もいないような場所で自転車に乗っているときも、落車して大怪我や命に関わることもありえますので、走行中は必ずヘルメットを着用しています。

僕も実際にレースで幾度となくヘルメットに命を救われてきました。レース中に、ヘルメットが無ければ命を落とすような大事故や大怪我に繋がりかねない落車もたくさん経験してきましたので、ヘルメットを着用することの大切さやありがたさをすごく感じながら、今も選手を続けています。

PROFILE: 増田 成幸(ますだ なりゆき)

1983年10月23日生まれ。 宮城県仙台市出身。 2011年より宇都宮ブリッツェンに所属。 2018年よりチームのキャプテンを務めている。 ジャパンカップ、全日本選手権を始めとした国内外の数多くのロードレース大会に出場。 東京2020オリンピックでは、男子個人ロードレース代表に選出。84位でゴールした。