B1東地区の栃木ブレックスは29日、新潟県のシティホールプラザアオーレ長岡で中地区4位の新潟と対戦し、71−62で競り勝った。2連勝で通算成績は12勝15敗、順位は最下位のまま。

 ブレックスは第1クオーターを11−17と出遅れ、第2クオーターで一時逆転したものの、前半を29−36で折り返した。第3クオーターにジェフ・ギブスの得点などで追い上げ、7分に鵤誠司のシュートで46−46の同点、さらに8分に渡辺裕規の3点シュートで再逆転に成功した。最終クオーターも着実に得点を重ね、そのまま逃げ切った。

 ブレックスは30日午後2時5分から、同会場で新潟と対戦する。