FISE開催発表記者会見でポーズをとる自転車BMXフリースタイル・パーク男子の中村輪夢(左から3人目)ら=15日、広島市

 2020年東京五輪で初採用となるスポーツクライミングやスケートボードなど都市型スポーツを集めた国際大会、FISE(エクストリーム・スポーツ国際フェスティバル)の19年大会の概要が15日に発表された。コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」などをエキシビションで新たに実施する。今年に続いて広島市を舞台に、4月19日から3日間で10万人の来場を目指す。

 FISEは今年4月に日本で初開催され、延べ8万6千人が来場した。誘致に尽力した国際体操連盟の渡辺守成会長は会見で、今後も広島開催を目指す考えを示し「さらにバージョンアップした大会にしたい」と述べた。