クマに襲われ、渓流釣り男性けが 那須

 5日午後0時50分ごろ、那須塩原市内の病院から「クマに襲われた男性が病院に来ている」と那須塩原署に通報があった。男性はかまれるなどして頭や背中に軽いけがをした。

 同署によると、けがをしたのは同市湯宮、会社員男性(53)で、同日午前10時20分ごろ、那須町大島の山林内の沢で、1人で渓流釣りをしていたところ、体長約1・3メートルのクマに遭遇し、襲われた。その後、男性は自分で車を運転して病院に行き、治療を受けた。

 現場は、那須どうぶつ王国とスキー場「マウントジーンズ那須」の間の山林の沢。県道から歩いて入った場所で、人の立ち入りは少ないという。

 同町内で今年、人がクマに襲われたのは2件目で、同署などが警戒を強めている。町農林振興課によると、本年度の町内でのクマの目撃情報は2日までに18件寄せられている。