栃木市議の平池紘士(ひらいけひろし)氏(42)=栃木市片柳町1丁目=は14日、県庁記者クラブで会見し、来春の県議選栃木市選挙区(定数4)に立候補することを正式表明した。7期目の今季限りで引退する元県議会議長で県議会とちぎ自民党議員会の平池秀光(ひらいけひでみつ)氏(77)の長男で、後継として出馬する。自民党に公認申請している。

 紘士氏は「父がやってきたことに傷がつかないよう、選挙に全力投球で臨む」と語った。秀光氏が推進してきた首都直下型地震を想定した国道4号の強化を挙げ「災害時に生き残れるタフネスな県を作り上げていくことが一つの課題」と災害対策に意欲を示した。