栃木農業高で育てられているシクラメン

 【栃木】栃木農業高の温室で、生徒が育てた13種約1千鉢のシクラメンが、赤や白、ピンクなど鮮やかな花を咲かせている。17日の学校祭「栃農祭」での販売を前に、準備が大詰めを迎えている。

 農業科草花専攻の3年生7人が模擬会社を組織し、1年がかりで栽培してきた。今年は猛暑もあり病気にも悩まされたが、葉の形を整える「葉組み」を欠かさず行うなどし、かれんな花を咲かせた。社長を務める河野健人(かわのけんと)さん(17)は「苦労もあったが例年通りきれいに咲いた。花を見て笑顔になってほしい」と話した。

 学校祭は午前9時20分~午後1時。当日はシクラメンのほか、ポインセチア200鉢、野菜や名物の大福の販売なども行う。駐車場に限りがあるため、同校は乗り合わせでの来場を求めている。(問)同校0282・22・0326。