宇都宮市文化会館で開かれた全国市議会議長会研究フォーラム=14日午後2時50分、宇都宮市明保野町

 全国の市区議会議員らが共通の政策課題などについて意見を交わす「第13回全国市議会議長会研究フォーラムin宇都宮」が14日、宇都宮市明保野町の市文化会館で始まった。約2200人が参加し、来春の統一地方選を前に「議会と住民の関係」をテーマにした講演やパネルディスカッションが行われた。フォーラムが本県で開催されるのは初めて。

Web写真館に別カットの写真

1部は、中央大法学部教授の宮本太郎(みやもとたろう)氏が「『地域共生社会』をどうつくるか~2040年を越える自治体のかたち」と題し基調講演。