陸上自衛隊饗庭野演習場から発射された迫撃砲弾が落下した影響で、窓ガラスが割れた乗用車=14日午後、滋賀県高島市(陸上自衛隊提供)

 落下した81ミリ迫撃砲弾と同型の弾(陸上自衛隊提供)

 陸上自衛隊饗庭野演習場から発射された砲弾が落下し、乗用車の窓ガラスが割れるなどの被害が出た現場付近=14日午後7時18分、滋賀県高島市

 陸上自衛隊饗庭野演習場から発射された迫撃砲弾が落下した影響で、窓ガラスが割れた乗用車=14日午後、滋賀県高島市(陸上自衛隊提供)  落下した81ミリ迫撃砲弾と同型の弾(陸上自衛隊提供)  陸上自衛隊饗庭野演習場から発射された砲弾が落下し、乗用車の窓ガラスが割れるなどの被害が出た現場付近=14日午後7時18分、滋賀県高島市

 14日午後1時20分ごろ、滋賀県高島市今津町北生見の国道303号付近に、近くの陸上自衛隊饗庭野演習場から訓練で発射された81ミリ迫撃砲弾が落下した。約40メートル先の路肩に停車していた乗用車の窓ガラスが割れたが、乗っていた同市の農業の男性(71)にけがはなかった。県警は砲弾が車に直撃せず、落下によって破損した道路のアスファルト片が車体に当たったとみている。

 砲弾は訓練の目標地域から約1キロ離れた場所に落下。陸自は中部方面隊に事故調査委員会を立ち上げ、調査を始めた。

 岩屋毅防衛相は、防衛省で記者団の取材に「誠に申し訳ない。再発防止に努めたい」と謝罪した。