環太平洋大に逆転勝ちで9年ぶり2度目の優勝を決め、喜ぶ立正大ナイン=神宮

 第49回明治神宮野球大会最終日は14日、神宮球場で大学の部決勝が行われ、立正大(東都)が環太平洋大(中国・四国)に6―4で逆転勝ちし、初出場優勝した2009年以来、9年ぶり2度目の頂点に立った。

 立正大は1―1の六回に3点を勝ち越されたが、2―4の八回に3番小郷の適時打で1点差に迫り、4番伊藤裕の2ランで逆転した。環太平洋大は継投策が実らず、初優勝を逃した。