園児を前に防火防災の紙芝居を披露する女性部員

 【鹿沼】市消防団女性部(佐藤教子(さとうのりこ)部長)は13日、上殿の沖保育園分園で防火防災啓発活動を行い、園児に火事や地震が発生した際の初期対応を紙芝居などを使って説明した。

 女性部は2014年に発足、愛称は「さつき隊」で現在の部員は17人。「できる事を、できる範囲で」をスローガンに、救急講習会や地域イベントで市民に応急手当ての指導普及などに取り組んでいる。