ワイン会で乾杯する人々。イベントを入り口にワインに親しむのもいい=10月下旬、宇都宮市本町、フルール・ドゥリス

白、赤、ロゼなどさまざまなワイン

ワイン会で乾杯する人々。イベントを入り口にワインに親しむのもいい=10月下旬、宇都宮市本町、フルール・ドゥリス 白、赤、ロゼなどさまざまなワイン

 11月の第3木曜日は、フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」解禁日。今年は15日だ。だが、ワインはボージョレ・ヌーボーだけでなく、種類が豊富。値段の幅も広く、家でも飲食店でもさまざまな楽しみ方ができる。秋の夜長にワインを楽しんでみてはいかが。

 ワインには、黒ブドウを皮ごと使って作る「赤」、主に皮を取った白ブドウを使う「白」のほか、ピンク色が特徴的な「ロゼ」、炭酸を含んだ「スパークリング」などがある。赤ワインは、皮などに含まれる「タンニン」という渋みが感じられるのが特徴だ。

 いざ自分でワインを選ぶとなると迷ってしまうが、宇都宮市の「BAR fleur-de-lis(フルール・ドゥリス)」のソムリエ原綾子(はらあやこ)さんは「自分の好きなブドウの品種を見つけること」を勧める。